女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

血糖値はを気にするのは糖尿病だけじゃない!女性の肌・体の老化に関わることとは?

更新日:

diabetes-528678_960_720

血糖値というと、中年以降に心配になるものと思われがちですが、最近では若い人でも血糖値の高さに悩む人が増えています。

食生活や生活習慣によって左右される血糖値は、糖尿病の診断に欠かせません。

食後には高くなりやすく、急激に上昇する生活を続けていると病気になりかねないのです。

実は老化にも関係する血糖値について、上昇させない方法や関係する健康問題などを知っておきましょう。

スポンサーリンク

血糖値って

血糖値は、簡単にいえば血液中に送られたブドウ糖の数値です。

食事をすると、食品内に含まれている炭水化物が体内でブドウ糖になり、血液内に運ばれます。

ブドウ糖自体は悪いものではなく、エネルギーにするために欠かせません。

しかし、ブドウ糖が多過ぎると、全身の細胞に上手く運ばれなくなり血管内に残ってしまいます。

それが血管にダメージを与えるようになり、合併症などを起こすこともあるのです。

通常は、インスリンというホルモンが分泌されて、ブドウ糖を上手く運搬したり貯蓄してくれます。

しかし、インスリンの働きが悪くなったり分泌率が低下すると、糖尿病になる恐れが出てきます。

血糖値と女性の老化の関係

gray-hair-1720827_960_720

血糖値が高いということは、つまり炭水化物を多く摂りすぎている可能性もあるということです。

砂糖を含め、炭水化物を摂りすぎてエネルギーとして消費できないでいると、スキンケアやエイジングにも大きな影響を与えます。

最近よく問題視されている糖化が、悪影響を与える原因です。

糖分がたんぱく質と結びつくと、焦げのような状態が発生しやすくなります。

ホットケーキに焦げ目がついたり、卵焼きがきれいに焼けるのも、糖化のおかげなのです。

しかし糖化が人間の体で発生してしまうと、肌にシミができたり老化のもととなります。

たんぱく質は人間の体に欠かせない構成物ですから、タンパク質を減らすのは逆効果。

それよりは炭水化物を減らして、血糖値の上昇を抑えたほうがよいのです。

血糖値が高いと起こりうる怖いこと

血糖値が上昇し続けると、インスリンの働きに問題が出やすくなります。

常にインスリンを分泌させ続けようとして働きがおかしくなったり、インスリンが出過ぎてトラブルが起こることもあるのです。

通常なら、炭水化物はインスリンによって上手い具合に処理されます。

しかし、インスリンが働かなくなってしまうと、血管内にどんどん糖がたまっていってしまいます。

放っておけば糖尿病になる可能性が高くなり、糖尿病になると完治が難しいため、合併症を避けるために治療を受け続けなければならなくなるのです。

血糖値を上げない生活とは

still-life-2338824_960_720

血糖値は、食事をすれば誰でも必ず上昇するものです。

しかし、急激に血糖値が上昇したり、常に血糖値が高い状態にあるのは危険です。

これを防ぐには、血糖値を上昇しにくくするためのライフスタイル改善をする必要があります。

運動で摂取したエネルギーを消費するようにしたり、そもそもの炭水化物を減らす工夫も効果的です。

最近では炭水化物抜きダイエットなどもブームになっていますが、完全に炭水化物を抜いてしまうのはエネルギー不足になる心配があります。

炭水化物の吸収を抑えるために野菜をたくさん食べるようにしたりすると、バランスのよい食生活を送れます。

血糖値の改善方法

血糖値を改善するには、食事のコントロールと運動が肝心です。

また、自分の血糖値をこまめに計測して、管理することも重要です。

血糖値が高いか低いかも知らずに、血糖値を改善しようとするのはナンセンス。

血糖値は高くても低くても不健康ですから、適度な数値を維持することが大切なのです。

そのためには、食事の栄養バランスに気を付けて、糖分などの炭水化物を摂り過ぎない、体をなるべく動かすようにすることをおすすめします。

スポンサーリンク



-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.