女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

わたあめキター!最近身近になってきたわたあめをもっと美味しく食べる方法

投稿日:

balloons-15784_960_720

お祭りの定番屋台メニュー、わたあめ。ふわふわで、不思議に後を引く味が、大人気のスイーツです。

わたあめを作るおもちゃや製造機もあり、家庭でも簡単にわたあめを作れるようになりましたが、お店ならではのビッグでカラフルなわたあめなども最近の話題です。

ここでは、お祭りだけじゃないわたあめの楽しみ方やカロリー、わたあめをしぼませない方法、わたあめのアレンジレシピなどについて紹介します。

スポンサーリンク

わたあめとは

わたあめ製造機に、ざらめなどの砂糖を投入し、とけた砂糖が遠心力細い糸状になり、これを割りばしなどに巻き付けたものが、わたあめです。

ふわふわとしたアフロヘアのような姿が魅力的で、口に入れると、ふわんと一瞬でとけてしまうのが、わたあめの特徴。

砂糖だけで作られているとは思えないほど、魔法のような魅力を持つわたあめは、昔ながらのお祭り菓子なのに、最近再びブームになっています。

もともとは、アメリカ生まれで100年以上前からあるスイーツだったわたあめが、巨大でカラフルな姿になって、英語風にコットンキャンディーという名で販売されるようになりました。

原宿などの都市部で、若い世代を中心に広まっているコットンキャンディーの人気は、逆にお祭りでのわたあめ人気を再燃させています。

お祭りだけじゃないわたあめ

human-752452_960_720

最近のわたあめブームの火付け役となったのが、原宿にあるトッティーキャンディーファクトリーです。

原宿の竹下通り裏路地にあるスイーツショップで、巨大でカラフルなわたあめを製造販売しています。

子供用の傘くらいありそうなサイズのコットンキャンディーは、SNS映え間違いなし。

3色、4色、ハート形など、見たことがないようなわたあめを作り出してくれるのは、プロの職人さん。

一般的なわたあめ製造機ともちょっと違う、日本には滅多にない機械を使っているのも、トッティーキャンディーファクトリーが人気を得ている秘密の一つです。

お祭りに行かなくても、いつでも食べられる、しかもお祭りのわたあめでは出合えない特別なわたあめに、トッティーキャンディーファクトリーでは出合えるのです。

わたあめの気になるカロリー

わたあめといえば、原材料は砂糖オンリー。

砂糖のかたまりだと敬遠する人もいますが、実際にはそれほどたくさんの砂糖を使っていないという説もあります。

わたあめのカロリーは、実際どのくらいなのでしょうか。

わたあめの重さを量ったことがある方は少ないかもしれませんが、小さめのわたあめ20gのカロリーは、約77kcal程度。

ドーナツが1個200kcal以上、一般的なバニラアイスが300kcal以上することが多いのと比べれば、わたあめ1個のカロリーは大したことがないようにも思えます。

保存可能?!わたあめがしぼまない方法

わたあめは水溶性ですから、空気に触れることで徐々にしぼんでいきます。

基本的には、すぐに食べるスイーツなので、しぼんでいくのを楽しむのも、わたあめの醍醐味。

とはいえ、大きなわたあめを食べ切れないときに、捨てるのは惜しいもの。

どうしても保存しておきたいと思ったら、わたあめを小分けにしてビニール袋に入れ、空気を抜いたら輪ゴムで止めて、冷凍庫に入れておくと、ふわふわのままで保存できます。

わたあめのアレンジした美味しい食べ方

AdobeStock_75894966

わたあめは、そのまま食べておいしいお菓子ですが、たくさんあるときにはアレンジして楽しむのもおすすめです。

例えば、コーヒーにわたあめを浮かせると、とけていくときの見た目とやわらかな甘みを堪能できます。

ホットミルクでも、やさしい甘さに癒されること請け合いです。

トーストに乗せでも、いつもとはちょっと違うシュガートーストになります。

SNS映えもして、しかもとけてきたお砂糖がまるい甘さでおいしいのです。

スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.