女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

進化するトイレは今やエコ!節水トイレの節水比較@リフォームを考える方に

更新日:

hawaii-975622__340

日本のトイレ事情は世界的に見てもレベルが高いといわれていますが、実はその節水事情もかつてに比べるとかなり向上しているといいます。

メーカーも節水に工夫したトイレに力を入れていることから、トイレを新調する検討はしてみる価値があるはず。

ここでは、メーカーごとの節水トイレの節水量や旧式トイレを節水トイレにリフォームするメリット、節水トイレの上手な使い方などについて紹介します。

節水トイレとは

節水トイレとは、最新式で節水力が高いトイレのことです。

数十年前に比べると、トイレの節水量は半分以下で済むようになっているといいます。

ただしそれは、旧式のトイレではなく、最新式の節水トイレに変えてこそ実現すること。

たとえば、大手メーカーのTOTOなどでは、1回に4.8リットルもの節水が可能だといいます。

実は、旧式のトイレでは、1回に13リットルもの水を使うのです。

世界的にも、トイレの水の量が多いことは問題視されています。

日本のトイレは洗浄式も多いことから、余計に水を使う機会が心配です。

そのぶん以上に節水できれば、安心して洗浄トイレを使うこともできますね。

もちろん、節水できれば家計の節約にもつながります。

節水トイレの節水量は?メーカー比較

効率のよい節水トイレが実現し始めたのは、洗浄方法が画期的になってきているから。

メーカーごとに工夫がされて、節水量もそれぞれに異なります。

TOTO

例えば、TOTOのトイレでは、ペーパーを流さない場合にたった3リットルで洗浄が可能。

通常の小洗浄より、さらに節水できる工夫には注目です。

LIXIL

LIXILの場合は、小洗浄で6リットル最大洗浄でも8リットルの洗浄水量で済みます。

パナソニック

パナソニックでは、小洗浄が3.6リットル大洗浄が4.8リットル

こうしてみると、メーカーによってもかなりの節水量の差があることがハッキリわかります。

旧式を節水トイレにリフォームするとお得?

AdobeStock_114496646 (1)

各メーカーでは、最新式のトイレにはほぼすべて節水機能が備わっているといいます。

ただし、最新式のトイレにするとリフォーム費用がかかるのが難点です。

節水効果に喜べるほどの良い投資にならなければ、意味がありません。

最新式のトイレといえば、かなり高価そうなイメージです。

単なる温水洗浄便座なら15,000~20,000円程度で設置までしてもらうことも可能ですが、最新式のトイレとなるとかなり長い目でみないと元を取れないのでは

ないかという心配をする人が多いのも当然です。

結論をいえば、やはり最新式のトイレにしたほうがメリットが多いのです。

というのも、節水できるだけでなく、節電も可能になる最新式のトイレはとにかく快適。

トイレに入るだけで、ゴージャスな気分に浸れるのもメリットの一つです。

節水トイレのメリットはお掃除にも

節水トイレは、掃除にもメリットがあります。

どのメーカーでも、洗浄法を工夫することによって節水できるようにしています。

トイレの洗浄法が画期的になっていることから、便器に汚れがつきにくくなっているのです。

そうはいっても全く掃除しないわけにはいきませんが、掃除の簡単さもメーカーごとに比較してみる価値があることは覚えておきましょう。

たとえば、汚れがつきにくい便器の素材を採用しているLIXILでは、新品時のつるつるが100年も続くと宣伝しています。

以前よりも定期的なお掃除を減らすことができれば、時間の節約にもなりそうですね。

節水トイレは詰まり易い?トイレの上手な使い方

paper-314344__340

節水トイレは、詰まりやすいのではないかと心配している方もいます。

トイレの詰まりで問題になりやすいのは、汚物でもありますが紙の量でもあります。

やたらとトイレットペーパーを使ったり、トイレットペーパー以外の紙、流してはいけないものを流さないのが詰まりを起こさない秘訣。

汚物が多いときなどは、思い切って2回に分けて洗浄するといった工夫もおすすめです。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.