女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

親子で楽しめる農のテーマパークってどんなところ?自然を満喫!体験・イベント満載!

更新日:

AdobeStock_167992549

農業をテーマにしたテーマパークが、話題になっています。

テーマパークといえば、乗り物に乗ったり視聴したりするアトラクションを集め、パレードやショー、レストランでの食事などを楽しむことを意味していました。

ところが、農のテーマパークで体験できるのは、自然に触れて農業体験するという職業体験のようなもの。

モノづくりを体験できるテーマパークとして続々と増えている農のテーマパークについて、紹介します。

スポンサーリンク

農のテーマパークとは

農のテーマパークは、動物や植物に触れることで農業体験やモノづくり体験をするテーマパークです。

日本の農業人口が減り続けている近年、農業就業者は高齢化し、国産より外国産の農産物に出合う機会が増えてきています。

メディアで取り上げられる若者の農業就業やご当地ブランドは、ほんの一握りの話。

ほとんどの農家が苦しい状況にさらされている中、登場したのが農のテーマパークです。

見る・食べる・育てるをテーマにした体験型のテーマパークでは、豚や牛・馬とのふれあい体験、農作物の栽培や収穫体験、食材の加工体験などができるのが特徴。

大きなところでも、全国に5~6ヶ所の農のテーマパークがあり、注目を集めています。

農のテーマパークはどんなところ?体験できる内容

sweet-potatoes-1310287__340

農のテーマパークは、農業や牧畜を気軽に体験して理解を深めることができるようにしたところ。

子供から大人までが体験できるようになっており、農のテーマパークごとに体験できる内容も違います。

例えば、子豚のショーや牛の乳しぼり、ポニーの乗馬体験、ソーセージの加工体験などができる農のテーマパークもあれば、さつまいもの栽培や収穫体験ができるところもあり。

地元の食品加工会社などとコラボして、大規模に展開している農のテーマパークもあります。

例えば、サツマイモ菓子で有名な白ハトグループでは、地元茨城県に日本初となるさつまいもの農のテーマパークをオープン。

地元産のさつまいもがズラリと並んで販売されている直売場や大学芋の詰め放題販売、さつまいも農業の体験など、さつまいもでこれだけの体験ができるのかと目からウロコのテーマパークです。

もちろん、さつまいも菓子も販売されていて、ここでしか食べられないメニューなどに全国各地から観光客が訪れるという現象も見せています。

どこにある?農のテーマパークのある地域

全国各地に出来始めている農のテーマパークの中でも、人気なのは6ヶ所。

北海道恵庭市のえこりん村、滋賀県蒲生郡のブルーメの丘、大阪府堺市のハーベストの丘、熊本県合志市のカントリーパーク、沖縄県今帰仁村のあいあい手づくりファーム、三重県桑名市のオリーブ園、千葉県柏市のオークビレッジ柏の葉など。

茨城県行方市のなべがたファーマーズビレッジは、先に紹介したさつまいものテーマパークです。

もっと小規模な農家単位で農業体験を提供しているところもあり、これから成長していく期待のある農のテーマパークといえるでしょう。

農のテーマパークの面白イベント

agriculture-2456353__340

農のテーマパークでは、年間を通して様々なイベントを企画しています。

農作物の栽培から収穫体験ができるテーマパークでは、収穫祭などを一大イベントとして開催。

地元民はもとより、全国各地から収穫祭を楽しみに訪れる人もいるほど、にぎやかなイベントになります。

畑地を活かしたどろんこ運動会、期間限定のオリジナルスイーツ販売なども、楽しみにしている人が多いイベント。

豚のレースや田んぼの生き物観察、親子で楽しめる農作物を使った料理教室など、身近なところから滅多に見られないイベントまで、農のテーマパークにはお楽しみが盛りだくさんです。

遠方からでも、宿泊を兼ねた旅行に農のテーマパークへの訪問を盛り込んで、ワイワイ元気に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.