女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

体の中にも外にも効果大!γオリザノールの効果や摂り方とは?

更新日:

pills-347609_960_720

健康でいたい、いつまでも若々しく美しい体でいたいという人が増えて、新しい健康食品や化粧品などが続々と登場しています。

そこに配合されているのは、新しい発見となった画期的な成分です。γオリザノールも、その一つ。

医薬品や化粧品に使用されることもあるγオリザノールは、米ぬかの脂質に含まれている成分です。

γオリザノールの効果や摂取方法、副作用、γオリザノールの化粧品などについて紹介します。

スポンサーリンク

γオリザノールとは

γオリザノールは、日本人にはおなじみの米ぬかに含まれている脂質内の成分です。

米ぬかといえば、漬物を漬けるときに使ったり、化粧品に使われることもあるもの。

そのまま食べる人もいて、安心の成分だといえます。

γオリザノールには自律神経を整えたり、美容効果や血中脂質の低下などの効果が期待されており、注目されています。

米ぬか特有の成分で、化粧品にも医薬品にも使用されているほどの期待度なのです。

γオリザノールの効果@ストレス解消のわけ

joy-2483926_960_720

γオリザノールは自律神経に作用することから、現代人が避けることのできないストレスの緩和に効果があるといわれています。

自律神経のバランスが乱れると精神的に不安定になる他、睡眠障害なども引き起こしやすくなります。

人は一日の疲れを睡眠によって回復していることから、十分な睡眠がとれないとますます不健康な状態になるのです。

こうしたことから、自律神経のバランスを整えることは重視されています。

自律神経が安定してくればストレスをため込むこともなくなり、さらには肩こりや眼精疲労、腰痛なども軽減されます。

肉体的な疲労からくるストレスも解消されやすくなり、心身ともに快適な生活を送れるようになるのです。

γオリザノールはどうやったら摂れる?

γオリザノールは、米ぬかに多く含まれる成分ですから、通常の食品から摂るとすれば玄米やこめ油を使うと簡単に摂取できます。

ただ、十分な量の摂取をするには、サプリメントなどを利用してみるのも便利です。

食品添加物として使用されることも増えてきており、加熱しても酸化しにくいメリットが注視されています。

γオリザノールの副作用を知っておこう

体にいいγオリザノールを積極的に摂ろうと思って張り切るのはよいのですが、サプリメントなどで過剰にγオリザノールを摂取するのは逆効果になることがあります。

γオリザノールには副作用が報告されており、眠気や嘔吐、吐き気、下痢などを発生するケースが出ているのです。

個人差もあり、頻度も少ないものの、玄米やぬか漬けなどの自然の食品で摂る場合を除き、過剰な摂取には気を付けたほうがよいでしょう。

めまいやふらつき、頭痛、便秘、食欲不振、腰痛、口内炎、動悸、むくみなどとなって副作用が出るときもあります。

特にサプリメントは成分が凝縮されていますから、推奨の摂取量を上回る摂取は控えておくことをおすすめします。

化粧品にもγオリザノールオイル!商品紹介と効果

AdobeStock_84987667

γオリザノールは、化粧品の成分としても配合されています。

ビタミン誘導体として皮脂分泌を促進する効果があるため、乾燥しがちな肌状態の方に向いています。

肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの元凶にもなること。

適度な皮脂が分泌されないことによって、過剰な皮脂の分泌を招いてシミやシワ、ニキビなどにつながる恐れがあるのです。

様々な化粧品にγオリザノールが配合されちえますが、中でも基礎化粧品には興味を持っている人が多いのではないでしょうか。

化粧水の後に使用する乳液では、乾燥を防いでハリのある肌を目指せます。

さらに乾燥を防ぎたいという方には、クリームがおすすめ。

クリームは、スキンケアの仕上げとして肌にフタをする役目を持っています。

外敵から肌を保護するだけでなく、内面に備えた美容成分を閉じ込める目的もあります。

美白対策として、γオリザノールが配合されている美白クリームを使用するのも効果的。

口紅などにもγオリザノールが配合されているものがあり、しっとりしたうるおいを保持しながらリップメイクが可能です。

スポンサーリンク



-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.