女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

敢えて間食@話題のヘルシースナッキング!ダイエットにも美容にも良い食べ物ややり方

更新日:

AdobeStock_108415890

ヘルシースナッキングとは?!どうやるの?

食事と食事の合間に行うのが、おやつとも呼ばれる間食です。

間食は太るもとともいわれますが、実はその逆の発想で注目されているのが、ヘルシースナッキングです。

食事と食事の間を空け過ぎて、お腹ペコペコの状態にするよりも、小刻みにチョコチョコと間食をしたほうが、太りにくく健康にもよいという発想です。

まるで、叶姉妹のような発想ですが、これはアメリカのミズーリ大学でも検証され、間食として高タンパク質なものを少し食べるのがよいという結果が出た事実なのです。

方法としては、午後14時~15時の間に、食物繊維とタンパク質を多く含む食品を200kcalほど食べること。

この時間は脂肪を蓄積しにくい時間帯とされ、間食に適しています。

ヘルシースナッキングの効果でダイエット可能?

ヘルシースナッキングを始めると、ダイエットにも効果的な変化が出てきます。

まず、意識的にスナック菓子や甘いスイーツなどを摂るのを防げること。

200kcalと決めることで、食べ過ぎを防げることもメリットです。

食物繊維を豊富に摂れることから、便秘解消にも期待できます。

さらには、タンパク質の摂取にて、不足しがちな栄養を補うこともできるのです。

ちょうどお腹が空いてくる時間帯に間食をすると、夕食をドカ食いしてしまう心配もありません。

だれやすい、午後からの仕事にも精が出てくることでしょう。

目標とするヘルシースナッキングのカロリー

AdobeStock_55093527ヘルシースナッキングで目標としたいカロリーは、200kcal程度です。

これより少なくてもよいのですが、多いのはちょっと問題です。

200kcalというと、市販の加工食品でも、なかなかの量を食べられます。

あまり加工食品ばかり選ぶのはおすすめできませんが、最近ではビスケットやクラッカーなどのお菓子類でも、栄養をバランスよく含んだ低カロリースナックが出ています。

バナナなどの手軽に食べられるフルーツを摂るのも、おすすめです。

今日はどんなヘルシースナッキングにしようかと考えると、一日が楽しくなりそうですね。

ヘルシースナッキングするならこれ!フルーツやナッツを積極的に

ヘルシースナッキングに選びたいのは、なるべくヘルシーなもの。

低カロリーでいて、健康にもよいものを選びたいものです。

例えばおすすめしたいのが、フルーツやナッツ。

フルーツは果糖が心配でもありますが、ナッツは毎日片手に一握り食べても、脂肪の摂り過ぎにはならないといわれています。

むしろ、健康に必須の脂肪酸を効果的に摂取できるので、栄養不足を補うことにもつながります。

何かしながらつまむのが好きというのも、ヘルシースナッキングをトレンドにのし上げたミレニアルズ世代に特徴的なこと。

ナッツなど、片手でつまみながら他のこともできるので、ちょっとお行儀が悪いようですが、ちょうどいいヘルシースナッキングですね。

ヘルシー系のおやつの売上は伸び、種類もどんどん増えています。

ナッツやフルーツを食べにくいと思ったら、スナックバーなどで取り入れてみる方法もあります。

コンビニで買えるヘルシースナッキングなおやつ

AdobeStock_122598320ヘルシースナッキングは、コンビニなどで気軽に買えると、もっと定着しそうです。

そこで、コンビニで購入できるヘルシースナッキングを紹介。

一般的なメーカーでも、ヘルシースナッキング向けの食品を手掛けるようになってきましたが、コンビニのプライベートブランドにも注目です。

森永製菓 ヘルシースナッキングシリーズ

森永製菓のその名もヘルシースナッキングシリーズは、大豆由来のたんぱく質やナッツを中心に、食物繊維もタンパク質も両方一緒にとれて、ヘルシーなのが理想的。

ファミリーマート

ファミリーマートで取り扱われている、シリアルブランサンドも目に付く存在です。

ナチュラルローソン

わかめチップスやこんにゃくスナックなどのスナック菓子もおすすめですが、ナチュラルローソンブランドのお菓子類も、カロリー・栄養ともに優秀です。

-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.