女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

高強度インターバルトレーニングを初心者でも安心して行う方法@脂肪燃焼・健康維持にやってみたい方に

更新日:

lgf01b201304022200

ダイエットや身体づくりのためには、運動が欠かせません。ただ、運動は苦手な人もいたり、天候に左右されるようなこともあります。

ダイエットや健康のためによいとされている有酸素運動は、ジョギングやウォーキングなどお天気のよい日でないと難しいこともあるため、続けにくいと思っている人もいるでしょう。

そこで注目されているのが、高強度インターバルトレーニングのHIITです。

強度の高い運動を短時間行って、あいまに休息をとるという運動の仕方がHIITのルール。

効率よく筋肉を鍛えることができるため、時間がない人、あまり体力がない人にもおすすめです。

具体的には、腕立て伏せを1分行ったら1分休む、これを5分間で繰り返すというような流れ。

こうすると、エネルギーが燃焼し続ける上に、持久力を高めることができるといいます。

HIITの効果@筋トレ、ダイエットだけじゃない健康効果は?

img_6431_s
HIITを行うと、筋肉が鍛えられるのはもちろん、ダイエット効果も出てきます。

筋肉が付いてくると基礎代謝が高まるため、血行も常によくなってきます。

また、持久力が付くので、ちょっとしたことで疲れることもなくなるでしょう。

こうしたことが、免疫力を高めて病気やケガをしにくい身体にしてくれます。

単にダイエットのために始めたのに、様々な病気の予防になったり、細胞が活性化されたりすることで、何歳になっても若々しい身体でいることができるのです。

実は血管もトレーニングされるといい、心臓に良い影響も出てくるそうです。

直ぐ出来る?HIITの始め方やインターバルの取り方

HIITは、家の中でもすぐにできるのがメリットの1つ。

身体の動かし方によっては、オフィスなどでもできるかもしれません。

どのくらいの時間身体を動かして、どのくらいインターバルを取るかは、厳密なルールがありません。

例えば、20秒筋肉を動かしたら10秒休む、これを10回繰り返すとちょうど5分のHIITトレーニングとなります。たった20秒筋トレをするだけでいいというのも、気が楽ですよね。

もちろん、ギリギリまで筋肉を鍛えるのはキツイです。けれど、20秒なら我慢できると思えば、続けやすいのではないでしょうか。おまけに、20秒頑張ったら10秒休んでいいのです。

そして、最終的には5分間運動をすれば1日のトレーニングが全て終了しますから、忙しい人にも打ってつけの運動だといえます。

HIITはどんな種目がおすすめ?

nat77_puruside_tp_v1
HIITに選ぶ種目としては、何がおすすめでしょうか。

ランニングや自転車、水泳などがお好きな方は、これらをHIIT流に行ってもよいでしょう。

ただ、HIITのメリットは、屋内でもいつでも行える、短時間で行えるという点にもあります。

ランニングや自転車、水泳などの場所を選んだり長時間やるのが当たり前と思われているような運動でなくても、腕立て伏せやスクワットなどで十分なのです。

とにかく、効果的に筋肉を鍛えられる運動の中から、好きな種目を選んでみるとよいでしょう。

HIITをする際の注意点!

HIITを行う際には、自分の心拍数とも上手に付き合うようにしましょう。

あまり心臓がバクバクするような場合は、少しトレーニング内容をゆるくしてみることをおすすめします。

筋肉を鍛えるといっても、人によって限度があります。

いきなりハード過ぎるトレーニングを行おうとしても、身体がビックリして付いていかないでしょう。

筋肉を少し動かしただけでも、はじめは強く筋肉を鍛えたように思えます。

徐々にトレーニングの強度を高めていけば、無理なくHIITを生活に取り入れることができますよ。

-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.