女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

睡眠の質を高めるには枕選びが重要!あなたに合った枕に出会う為のポイントはこちら

更新日:

flowers-2606609__340

枕を変えると、よく眠れるといいます。

逆に、枕が合っていないとよく眠れず、体調に影響が出てしまうことがあります。

でも、良い枕を選ぶのは、なかなか難しいものです。

できれば、コスパも考えて良い枕を選びたいもの。

そこでここでは、枕選びの重要性や枕が合わないと起こり得ること、枕のタイプ、おすすめの枕など紹介します。

枕選びが大事な訳

枕選びに成功すると、睡眠の質を高めるというのは最近よくいわれていることです。

なぜ枕が変わるとよく眠れるようになるのかといえば、首や肩に負担がかかりにくくなること、背骨などの曲がり方に異常が出にくくなることなどがあげられます。

深い眠りにつくことができれば、それだけ心身は睡眠中に疲れを回復することができます。

自律神経も整ってくるため、ストレスを翌日に残すこともなくなります。

肩こりや腰痛、頭痛などが起こることもなくなってくるでしょう。

何より全身の疲れが回復することから、朝の目覚めが快適になること請け合い。

毎日、快適に目覚めて元気に一日を始められるだけで、その日の気分は違ってきますよね。

枕が合わないとどうなる?

AdobeStock_81954708

枕選びに失敗して、合わない枕を使い続けることになると、良い枕のメリットを得られなくなります。

肩こりや腰痛、頭痛、ストレス、全身の倦怠感など、様々な不調が出やすくなるのです。

よく眠れなくなるということは、これだけ心身に負担をかけてしまうということ。

快適な眠りをもたらすための工夫が枕一つでできるのであれば、枕を変えるのが賢明です。

枕選びに知りたい枕のタイプ

とはいっても、枕選びはなかなか難しいもの。

良さそうだなと思っても、実際に使ってみるまでは良いかどうかわからないというのも問題です。

寝具専門店であれば、枕に実際に頭をもたせて寝てみることができます。

ただし、ネットショップでの購入では試しに使ってみることが難しいもの。

返品などは面倒ですし、枕が合わなくても仕方なく使うという羽目になりかねません。

そこで押さえておきたいのが、枕選びで大切にしたいポイントです。

まず、良い枕に出合うためには、枕の高さにこだわること。

頭を乗せて肩にあたるくらいがちょうどよく、すきまができるほど疲れてしまいます。

低い枕で肩がぶつかってしまうのも、血行に影響が出て肩こりしかねません。

横向きに寝て、頬が押しつぶされないことも重要です。

枕選びに必要な枕の選び診断方法

AdobeStock_146722737

枕選びに成功するためには、枕を選ぶポイントを覚えておくのと同時に、簡単な診断方法を試してみるとよいでしょう。

朝起きたときや寝ているときの状態で、診断するのです。

診断結果は、5つ。

朝起きると首や肩が凝っているという人は、枕が高いか低いか安定感がない、首のラインに合っていないなどの原因が考えられます。

寝ている途中で枕をよけてしまうという人は、枕が合っていない証拠。

あおむけで寝たときに首にしわが寄ってしまう人は、枕が高すぎるのです。

横向きばかりで寝てしまうという人も、枕が高すぎると見られます。

枕の上に手を添えるクセがある人は、横向きに寝たときに枕が低い、あるいはあおむけで寝たときに首が低いことが考えられます。

枕選びで発見!おすすめは?

枕選びでこれぞと思う枕が見つかればよいのですが、あらかじめ多くの人がおすすめする枕を知っておくのも参考になります。

スリーパードクターズピロー

快眠できると評判の枕の中でもおすすめなのは、スリーパードクターズピローです。

首を楽にして寝ることができ、肩を適度にほぐしてくれるメリットがあるこちら。

寝姿勢がよくなり、呼吸がしやすくなることから、イビキ対策にもなりそうです。

YOKONE

横向きに寝がちという人におすすめなのは、その名もYOKONE。

東洋医学を基にして開発され、睡眠が深くなる他、イビキ防止や疲労回復にも高い効果を発揮すると評判の枕です。

-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.