女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

iDeCo(イデコ)って知ってる?知って得する新たな年金制度を詳しく解説しちゃいます!

投稿日:

AdobeStock_78991469

年々、年金の支給額が減らされたり、支給年齢を遅らせるという話題が出ています。

現在でも、年金受給者にとって年金だけで暮らすことは不可能で、高齢者の貧困が問題になっていますよね。

将来的には、さらに公的年金に頼れないのではないかと危ぶんで対策を検討する人が増えています。

iDeCoは、個人型確定拠出年金として毎月掛け金を積み立てることで将来年金を受け取る仕組み。

ここでは、iDeCoのメリットや手続きなどについて紹介します。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは

iDeCoは、公的年金のように毎月一定以上のお金を金融機関に支払うことで、60歳以降に年金として受け取ることができる仕組みです。

掛け金額の上限は、公的年金などの加入状況によって決まってきます。

掛け金というからには運用をすることになるのですが、その対象商品は投資信託や定期預金などから選択可能です。

iDeCoは、積立している間、全額が所得控除の対象となります。

また、運用にて出た利益は、運用益非課税が適用されます。

60歳になるまでは受け取ることができず、受け取るときには公的年金等控除・退職所得控除の対象となる点も特徴です。

今、年金って?支払いや受け取り

 

AdobeStock_124627300

公的年金や企業年金は、納めている期間によって支給額が異なります。

といっても、公的年金はそれほど大きな差があるわけではありません。

年金の受給額で差がつくとしたら、企業年金をもらっているかいないかによるでしょう。

また、企業年金と公的年金の両方をもらっている人でも、生活は働いて給料を得ていたときより苦しくなる人が増えています。

老後はゆったりと過ごそうと考えていたのに、一年に一度の旅行もままならないという人も珍しくなくなっています。

公的年金や企業年金だけで老後に暮らすのが難しくなっている中、将来的にはさらに厳しい状況になるのではないかと多くの人が懸念しています。

そのため、年金を支払う意味があるのかという意見すら、多くなってきているのです。

iDeCo(イデコ)にするメリット

iDeCoには、2つの大きなメリットがあります。

1つは、所得税と住民税の税負担が軽減されること。

年間6,000円程度が、平均して軽減されています。

もう1つは、老後の備えとして自分年金が充実することです。

月々6,000円程度の積立なら、1日200円と考えれば拠出が難しい金額ではない人も多いでしょう。

iDeCo(イデコ)の手続きの仕方

iDeCoの手続きは、大まかに分けて3つです。

まずは金融機関を選ぶこと、次に積み立てる金額を選ぶこと、最後に運用する商品を選ぶことです。

積立金額は年に1回変更する機会がありますが、60歳までは絶対に引き出すことができないため、無理のない金額に設定することが大切です。

運用する商品も長期的に投資することになるため、慎重に選ぶ必要があります。

iDeCo(イデコ)は金融機関の選び方がポイント

money-2696229__340

iDeCoでは、金融機関の選び方が重要なポイントになってきます。

なぜなら、iDeCoは運用投資型の確定拠出年金だからです。

運用する投資商品を選ぶことも重要ポイントですが、運用するのは金融機関ですから実績があり信頼できる金融機関を選ぶことで差が出てきます。

また、金融機関によって、投資できる対象も違ってきます。

興味のある投資商品でiDeCoを申し込めるほうがいいでしょうから、投資商品の取り扱いにも注意しておいたほうがよいでしょう。

サポートサービスの充実度にも、目を光らせておくべきです。

コールセンターの営業時間や店頭でのサービス内容、WEB画面が見やすいかなどもチェックしてみてください。

年間の口座管理料は、積み立てられる金額が変わることがありません。

iDeCoのメリットは、投資で利益を得られるという点にもあります。

そのため、信託報酬がどの程度になるかを重視することも大切です。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.