女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

保険に入ってる人には気になる保険料割引@どんな割引?健康期間は?を調べました!

投稿日:

AdobeStock_111288117

お金を使うときには、割引があるとお得ですよね。

お買い物など、クーポンを利用したりセールを狙ったりと、割引サービスをとことん利用する人が増えています。

ただし、全く割引がきかないサービスもあるもの。

保険料などはその代表例かと思われてきましたが、最近になって保険料割引が注目されているのです。

保険料割引の種類や適用される時期、保険に入るメリットなどについてお話します。

保険料割引とは

最近、目立ってきた保険料割引。

健康状態に気を配って良い状態を維持することによって、医療保険が安くなるというサービスです。

健康状態を良くすることによって医療保険が割引されるとなれば、多くの保険加入者が健康に気を遣うようになるでしょう。

そもそも、医療保険は不健康になった場合を想定して加入するもの。

加入者にとっては安全のための保険ですが、保険会社にとっては不健康になられては儲けにならないという側面もあります。

そこで、健康に気を遣って医療保険を利用せずに済んでいる人に特典をつけようというのが保険料割引なのです。

加入者にも保険会社にも、メリットがあるといって間違いではないでしょう。

なぜ保険に入る必要があるのか?

AdobeStock_58445108

医療保険に限らず、保険に加入するのは万が一に備えてです。

医療保険なら、病気や怪我をしてしまったときに入院費用や治療費を保険でまかなうことができれば助かります。

働いている人なら、病気や怪我で働けなくなった期間の保障をしてくれる保険商品の加入するのも有効です。

このように、転ばぬ先の杖として加入しておくのが保険の意義。

ただ、保険料も馬鹿になりませんから、近年では万が一のときのためを想定して保険に加入しなくてもよいのではないかと考える人も増えてきています。

保険料が無駄になる可能性を考えて保険の加入者の減少が目立ってくれば、保険会社が存続できません。

そこで、健康であれば割引特典をつけて、万が一のことがあればしっかり保障もするという変化が起こり始めているのです。

保険料割引にはどんなものがある?

保険料割引は、健康を維持することができていれば保険料が割引になるサービスの他にもいろいろな種類があります。

たとえば、一時金を保障してくれる保険も、保険料割引の一種。

従来からあるサービスですが、やはり掛け金を払うだけの保険より、一時金をもらいながらのほうが保険に加入している価値を感じられます。

アプリと連動させ、目標歩数をクリアするとクーポンがもらえるサービスもあります。

歩くほど還付金がもらえるなどのサービスも、人気が出始めているのです。

保険料割引が適用されるのは大体何年たったら?

保険料割引が適用されるのは、一定の加入期間を過ぎてからがほとんどです。

加入している保険会社によってもサービスが異なりますが、たとえばウォーキングによって還付金がもらえるサービスでは2年に1度還付金が出るといった例もあります。

加入時に健康年齢を算出し、健康状態が実年齢より若いと判断されれば、保険料が割引され始めるというサービスも見逃せません。

すでに健康に自信のある方は、加入当初から割引がスタートするような保険料割引を探してみてはいかがでしょうか。

車や自然災害も?保険料割引には人体以外のものも

old-2711027__340

医療保険以外にも、保険料割引のサービスが誕生し始めています。

たとえば、建物の構造や立地などによって地震保険の保険料が割引されるようなサービスを行っている保険会社も出てきています。

住まいや自動車、体に関する保障を2つ以上組み合わせて保険に加入することによって、保険料割引が適用される保険会社もあるのです。

保険料割引は、保険会社によって個性的に展開されています。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.