女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

朗報!電動アシストMTBがついに日本でも発売!その隠されたパワーとは

更新日:

mountain-bikes-1228878__340

電動アシスト自転車は、10万円を切る価格でも購入できるようになり、かなり一般的に広まっています。

ただし、多くはママチャリで子供を乗せているお母さん用というイメージ。

そこへ颯爽と登場したのが、電動アシストMTBです。

オフロードで本格的に乗りこなせるMTBの機能を備えた電動アシスト自転車は画期的。

電動アシストMTBに乗れる場所や乗り心地、値段などについて紹介します。

スポンサーリンク

電動アシストMTBとは

電動アシストMTBは、電動アシスト自転車とMTBが合体した乗り物。

これまで、MTB仕様の電動アシスト自転車は日本では出ていなかったのですが、ついに国産・輸入品が解禁となりました。

MTB人気が高まる一方で電動アシストMTBの出足が遅れたのは、MTBそのものの機能が複雑で、さらに電動アシスト機能を追加するのが手間だったため。

苦労するほど、需要が見込めるというわけでもなかったのでしょう。

満を持しての電動アシストMTBの登場となったわけですが、アクティブに乗りこなしたい人のための自転車であるMTBに電動アシスト機能をつける意味はどこにあるのでしょうか。

それはやはり、山道などを上るときの過酷さを軽減してくれる点でしょう。

その過酷さこそがMTBのやりがいのはずですが、電動でクリアできればもっと先のことを楽しめるということも大事なのです。

まず、普通の自転車とMTBって何が違う?

round-2112233__340

通常の自転車は、道路の段差程度でもタイヤに耐久性がありません。

段差に一回乗ったくらいでパンクしてしまうわけではないものの、その衝撃は強く感じます。

また、階段などは通常の自転車では上り下りしにくいもの。

その点、MTBは山道や階段などのオフロード専用の自転車だけあって、過酷な道を乗り切ることができるように作られているのです。

電動アシストMTBを乗っていい場所

電動アシストMTBは、乗っていけない場所があるわけではありません。

乗ると便利な場所としては、急な坂道や階段、山道の上り下りなどが適しています。

通常の自転車では、そのような道を走ると体に伝わる衝撃が大きかったり、タイヤへの負担も重なります。

MTBなら、オフロード、つまり道ならぬ道を走るのに適しているのです。

電動アシスト機能がついた電動アシストMTBであれば、山道などの中でも急な上り坂などを走行するのに便利です。

電動アシストMTB@アシスト付だと変わる乗り心地

電動アシストMTBは、通常の電動アシスト自転車と同じように、電気の力でタイヤの進みをよくしてくれます。

体にかかる負担を軽減してくれるため、乗り心地は快適です。

特に、サバイバルな山道などを上るとき、もう足が動かないというときなどに電動アシスト機能に頼ることができれば、途中で行き倒れてしまうこともないでしょう。

軽くペダルを踏み込むだけで、今までは断念していた山道も楽に上れるようになるでしょう。

もちろん、街乗りも快適。

だからといって、調子に乗って飛ばしすぎないように注意してください。

もう日本で買える?電動アシストMTBのお値段

tools-690038__340

電動アシストMTBは、メーカーや機種によっても値段が異なります。

輸入品の高級な電動アシストMTBでは、30万円を超える商品もあるほど。

だからこそ、今まで日本に入ってくる機会が少なかったのです。

2017年になって、パナソニックから電動アシストMTBが発売されたことにより、だいぶ低価格での購入が可能になりました。

20万円を切る値段で購入できるのであれば、通常のMTBも決して安価ではないことを思うと高すぎるというイメージではないでしょう。

また、ママチャリとしての電動アシスト自転車も5万円を下る商品はレアなため、20万円ほどであれば妥当な値段と判断できるのではないでしょうか。

ていねいにメンテナンスしながら乗りこなせば、値段以上の価値を体感できるはずです。

スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.