女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

アフリカの子達に給食を!おにぎりアクションって知ってる方法は?

更新日:

rice-ball-1919629_960_720

 

日本人なら食べたことがない人がいないほどの身近な食べ物、おにぎり。

そんなおにぎりを写真に撮ってSNSに投稿することで、困っている人の役に立てたら。

そんなアイディアが、国連の世界食料デーキャンペーンになりました。

アフリカやアジアの子供達に届けられる給食支援のためのサポートが、おにぎり写真投稿で誰にでもできるのです。

おにぎりアクションの仕組みや参加の仕方、期間、どんなおにぎりがいいかなどについて紹介します。

スポンサーリンク

おにぎりアクションとは

おにぎりは、手作りしたりコンビニで買ったりと、私たちの日常にごく自然になじんでいる食べ物です。

あまりにも当たり前の食べ物すぎて、写真に撮るほどの被写体でもないと思っていませんか?

私たちの日常には当たり前のおにぎりを写真に撮ってSNSに投稿すると、今なら食料に困っているアフリカやアジアの子どもたちに給食支援ができるのです。

1枚写真を投稿するだけで、5~10食分の給食が子供たちに届けることができます。

おにぎりのみの写真でも、おにぎりを食べている写真でもよく、キャンペーン期間中なら何度でも投稿できるのも気楽です。

誰がどうやって?おにぎりアクションの仕組み

rice-balls-1971148_960_720

おにぎりアクションは、協賛しているスポンサー企業から寄付が送られる仕組みです。

たとえば、どんなおにぎりでも写真を撮ってSNSに投稿すれば、給食が5食分送られます。

手作りのおにぎりでも、買ってきたおにぎりでもOKです。

もっと給食を届けたいと思ったら、協賛スポンサー企業の商品と一緒におにぎりの写真を撮って投稿する方法もあります。

例えば、伊藤園のお茶と一緒に撮ったおにぎり写真をSNSに投稿すれば、10食分の給食が届けられるのです。

誰でも出来るおにぎりアクションの参加の仕方

日本全国に店舗が展開されているスーパーのイオンも、おにぎりアクションのオフィシャルパートナーの1つ。

イオンで関連商品を購入すると、イオンから売上の一部が寄付される仕組みもあります。

おにぎり写真は、フェイスブックやツイッター、インスタグラム、フィンクなどのSNSアカウントから「#(ハッシュタグ)」をつけて投稿するだけでOK。

公式サイトから、写真を投稿することもできます。

おにぎりアクションの期間

book-1750740_960_720

おにぎりアクションは、世界食料デーキャンペーンとして行われています。

世界食料デーとは、国連が10月16日に制定した日です。

飢餓や食料問題について考える日として制定され、10月は1ヶ月間まるまる世界食料デー月間とされています。

世界では、すべての人が十分に食べられるぶんの食料が足りているといいます。

にもかかわらず、地域によっては8億人以上の人が食料不足の問題を抱えています。

全人口の11%ほどが十分に食べられていないといい、9人に1人が餓えているというのです。

理由は様々で、例えば自然災害の被害を受けていることもあれば、食料を輸入に頼っている国で国際市場の食料価格に悩まされていることもあります。

そうかといえば、多くの食べ残しや賞味期限切れの食料を捨てている日本のような国もあるのが現代の問題です。

こうしたことを考えるきっかけとして、世界食料デーは儲けられています。

この機会に、おにぎりアクションに参加して食べ物のことを真剣に考えてみませんか?

三角だけじゃない!SNSへのおにぎりアクション

おにぎりは、手作りならば家庭で受け継がれてきた形が記憶に強く残ります。

主流は三角ですが、他にも俵型や丸型などのおにぎりがあります。

最近では、おにぎらずタイプやまんまるのボールおにぎりなども人気。

たこやきふうにひと口サイズにしたり、肉巻きおにぎりのような具に凝る楽しみもあります。

日本人の主食であるお米は、和洋中どんな具にも合ってしまうのが魅力です。

いろいろな形にチャレンジしてみることで、おにぎりアクションにもより楽しく参加できますよ。

スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.