女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

腸活にプレバイオティクス!含まれる食品や一緒に摂ると効果アップなものとは

投稿日:

プレバイオティクスという言葉に、知ってる知ってると思った方

プロバイオティクスと、勘違いしているかもしれません。

似ているようで、プレバイオティクスはプロバイオティクスとは異なる意味の言葉です

ここでは、プレバイオティクスの特徴や効果、摂取方法、関連食品などについてを紹介します。

スポンサーリンク

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスは、1995年にイギリスの微生物学者によって提唱された言葉です。

プレというのは前もってとか、先だってという意味の英語。

プロバイオティクスが微生物を指すのに対して、プレバイオティクスはもっと複数の条件を満たした食品を指します。

その条件とは、主に4つ。

消化管上部で分解・吸収されないこと、大腸内の善玉菌の栄養源となって増やすことに役立つ、腸内フローラを健康的なバランスにして保つこと、健康増進や維持に役立つことがその4つです。

腸内の善玉菌のエサになるといえばビフィズス菌などが有名ですが、オリゴ糖や食物繊維の一種などもプレバイオティクスとして注目されています。

プレバイオティクスの効果効能

プレバイオティクスは、腸活をするための成分として積極的に摂取したいところです。

腸活というのは、腸を活性化すること。

腸が精力的に活動していないと、便秘になったり悪玉菌がのさばるようになって不健康な腸になってしまいます。

そんな腸の状態は全身に影響を与えるため、腸を健康にすることが全身の健康につながるのです。

よくいわれているのが、腸内フローラが理想的な状態にあること。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌の種類が生息していますが、理想的なバランスは善玉菌が圧倒的多数の状態。

油断すると悪玉菌が爆発的に増えてしまうため、積極的に善玉菌を増やす努力が必要です。

そのためには、プレバイオティクスを摂取するのが効果的なのです。

プレバイオティクスの摂り方

プレバイオティクスは、日常的に簡単に摂取できます。

例えば、ヨーグルトにオリゴ糖を加えて食べてもいいですし、食物繊維の種類を選んで食べるのも効果的。

食物繊維では、イヌリンやポリデキストロースなどがプレバイオティクスの条件を満たしています。

ごぼうやチコリ、玉ねぎ、にんにく、ニラなどにイヌリンが多く含まれていますから、食事に取り入れやすいですね。

プレバイオティクス食品

プレバイオティクスは、オリゴ糖や食物繊維の一種に多く含まれていますから、これらを含む食品をとるようにするのが簡単です。

例えば、オリゴ糖は、とうもろこし、ネギ、大豆、キャベツ、ハチミツ、バナナ、牛乳、アスパラガス、玉ねぎ、ごぼうなどによく含まれています。

甘味料でも、オリゴ糖が出ていますね。

日常的に食卓に上るような食品にオリゴ糖が含まれているのは、便利です。

その中には、プレバイオティクスの条件を満たす食物繊維を含んだ食品もあります。

ごぼうやタマネギなどは、プレバイオティクス食品として優秀といえるでしょう。

知っ得!プレバイオティクスの健康効果

対策が難しいアトピーには、プレバイオティクスとプロバイオティクスを組み合わせると効果的に対策できるといいます。

皮膚症状の発症を抑えるために役立つということから、積極的にプレバイオティクス食品とプロバイオティクスを組み合わせた食生活に改善していくのがおすすめです。

ヨーグルトにハチミツやバナナを加えたり、納豆、キャベツやアスパラをぬか漬けにして食べるなども試してみてほしいところです。

ダイエットにも、プレバイオティクスは有効。

食物繊維の一種がプレバイオティクスの条件を満たしているため、積極的に摂取することで便秘が改善される見込みがあります。

腸内環境が改善されれば、ダイエットの原因にもなる便秘がなくなり、代謝もスムーズに進むようになるでしょう。

スポンサーリンク



-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.