女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

痛っ気持ちいが丁度いい!足ツボの効果@体の不調に本当に効くんだって!

更新日:

人の体には、何百ものツボがあるといわれています。

それぞれのツボは全身の各部位に関係しており、刺激すると健康効果が得られるというのは中国2000年以上の歴史です。

特に足の裏は第二の心臓といわれるほどツボが多く、60ものツボが集まった場所。

ここでは、足ツボの効果や種類、押す強さや時間、効果をアップさせる方法、おすすめグッズなどについて紹介します。

足ツボとは

足ツボは、足にあるツボのこと。

足の裏は第二の心臓とも呼ばれ、60ものツボが密集しています。

そもそもツボは、神経や血管などの上にあり、エネルギーが通る場所として知られています。

ツボを押すと痛みを感じるのは、関連した部位が悪いからなどとよくいいますが、実は逆のこともいえるのです。

体のどこかが不調のとき、足裏の該当するツボが痛んだり、違和感を感じるようなことがあります。

そのように、深く連動しているとされる足裏のツボは、まるで人間の全身図のように位置しています。

親指は脳、指の股のあたりは目、肺や心臓、胃、生殖腺、骨盤、卵巣、座骨まで足裏全体が全身のツボになっているのです。

これは、押してみて効果を見てみたくなるというものです。

知っ得!足ツボの効果どんなつぼがある?

足ツボには、全身のあらゆる部位のツボがちりばめられています。

親指部分は脳、つま先部分は副鼻腔、右肺・左肺・心臓、肝臓、腎臓、胃、肩関節、肘関節、十二指腸、小腸、結腸、直腸、尿管、膀胱、肛門、膝関節など、数十ものツボが密集しているのです。

全身を縮小したようなツボがある足裏は、体の不調を整えるのに便利なところ。

毎日でもマッサージして、体の調子を整えましょう。

足ツボをする時の強さや時間

足ツボを刺激するときは、目的によって押し方を選ぶと効果的です。

例えば、痛くない程度にツボを刺激するイギリス式のリフレクソロジーは、リラックスしたいときにおすすめです。

台湾式の足ツボは、かなり痛みがあるものの、東洋医学をベースにした伝統的な療法。
終わってみると、全身がスッキリしているといいますから、効果にも期待大です。

日本式の足ツボは、リフレクソロジーと台湾式の中間あたりがとられています。

自分で押すときにも、割と強めのマッサージをするとよいでしょう。

時間は、1ヶ所10秒間を10回ほど繰り返すのが基本。

ただ、あまり厳密にこだわる必要もないため、やり過ぎない程度に1日15分程度のペースで続けてください。

足ツボの効果をアップさせるには

足ツボの効果をアップさせるためには、事前に体を温めておくのがおすすめです。

血行をよくするために入浴したり、足浴をするとよいでしょう。

また、マッサージの滑りをよくするために、オイルなどを塗って行うのもおすすめします。

注意しておきたいのは、食後すぐにや生理中、妊娠中には足ツボマッサージを控えること。

老廃物が排出されやすいように、水分を補給しておくことも大切です。

足ツボを刺激するおすすめグッズ

手でマッサージをするのは疲れるという方、もっと効果的に足ツボマッサージをしたいという方には、足ツボグッズが便利です。

まず定番的に人気があるのが、足ツボマッサージ棒です。

手で握りやすいサイズに出来ており、いい感じの刺激を得られます。

中でも、官足棒というマッサージ棒は何十年も愛用している人もいるほど優秀です。

ウォークマットは、足裏を乗せて立ったり足踏みできるようになっているマット。

足裏を刺激するように突起が付いていますが、ちょうど足裏のツボに合うように突起が付けられているタイプもあります。

お風呂場で使える足ツボウォッシャーは、足裏を乗せてゴシゴシと動かすだけで、ブラシが足ツボを刺激してくれるというもの。

他にも、野球選手のイチローが愛用している足ツボローラーマッサージ器(電動)など、いろいろな足ツボグッズがありますよ。

-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.