女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は妊娠中になりやすい?妊婦さん向けの対策は?

更新日:

AdobeStock_74955852
寝ているときなどに起きる下肢静止不能症候群、通称「むずむず脚症候群」。

テレビなどで取り上げられることはあるものの、まだ認知度は低いのでこの疾患自体ご存知ない方が多いかもしれません。

でも実は、妊婦さんの5人に1人に症状が出ているんです。

「以前はこんな風に足がむずむずしたりしなかったのに…なぜ?」という妊婦さん、しっかりと原因を知って、家でもできる対策をしてみませんか?

妊婦さんがむずむず脚症候群になりやすい理由は?

なぜ妊婦さんはむずむず脚症候群になりやすいのでしょうか?

……その原因は、ズバリ「血液の循環」と「脊髄の圧迫」のふたつに分けられます。

血液の循環

OMG150918500I9A6386_TP_V
妊娠中の身体は、どうしてもおなかの赤ちゃんへの栄養を送り込むことに集中してしまいます。妊婦さんの血液の流れが胎内に集中して送り込まれることにより、赤ちゃんができるまえは届いていた栄養や酸素が妊婦さんに届きにくくなるのです。

さらに、胎内へ送り込むためのエネルギーもたくさん消費されるわけですから、妊婦さんの末端まで栄養が行き届きません。そもそも妊婦さんは二人分の栄養を摂らなければいけないうえに、体は赤ちゃん優先で栄養を送っています。

しかも、赤ちゃんの身体で作られたヘモグロビンは「胎児ヘモグラビン」といい、普通のヘモグロビンよりも酸素と結合する力が強いもの。そのため、妊婦さんが取り込んだ酸素は胎児へ送られ、その多くが胎児ヘモグラビンと結合されていきます。その過程で鉄も大量に流れるので、妊婦さんの鉄不足に繋がるのです。

それが続くと、栄養失調やミネラルバランスの乱れなどが引き起こされることで筋肉の質も低下していき、老廃物もどんどん溜まっていきます。

脊髄の圧迫

妊婦さんは、おなかに赤ちゃんがいることやその成長に伴い脊髄が圧迫されます。赤ちゃんが大きくなるにつれて脊髄が圧迫されていくことで腰を痛め、むずむず脚症候群を起こすリスクが上がることもあります。詳しいメカニズムの解明には至っていませんが、こういった報告は多くあります。

また、こちらの場合だと血液の循環が原因のものとは異なり、出産を終え脊髄が圧迫されなくなるとともに症状はなくなるようです。

妊娠中に可能なむずむず脚症候群の対策!

鉄分の補給

栄養不足、中でも鉄不足からなるむずむず脚の場合、鉄分を摂ることで改善することがあります。

薬局に売っているようなサプリでもいいですが、なんとむずむず脚専用のサプリも出ています。鉄を摂るだけじゃ不安という方は、一度調べてみるといいかもしれません!

念のためサプリを使用の際は病院などで医師とご相談することをおすすめします。

脚の運動、マッサージ

IMG_6479
血液の滞りをよくするためにマッサージも効果的です。気づいたときに入念にマッサージを行いましょう。また、寝る前に少し歩くことも改善につながるといわれています。

妊婦さんはもともとすることはないと思いますが、過度な運動はむずむず脚にもよくありません。かといって動かずにずっとじっとしているのも逆効果ですので、適度な運動を心がけましょう。

寝る前に少し歩いたり、簡単なストレッチをすることで症状が軽くなることも。

無理をしない程度に運動をし、なかなか薬を飲むことができない妊婦さんでもできるむずむず脚への改善に努めましょう。

-むずむず脚症候群
-, ,

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.