女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

冷え性改善に生姜パウダー!生生姜より取り入れたいその効果とは?!

更新日:

ginger-1432262__340

生姜パウダーって生の生姜とどう違うの?

身体をポカポカにしてくれることで人気の生姜は、冷えが気になる人に注目されている食材です。ただ、生の生姜だと、すりおろしたり刻んだりするのが面倒という方もいるのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、生姜パウダーです。実は、生姜パウダーには、生の生姜にはないパワーが秘められているといいます。冷えが気になる人におすすめなのは、生姜パウダーのほう。なぜなら、生の生姜には冷えを増長させてしまう作用があるからです。

それならなぜ生の生姜を食べたときも身体が温まるの?と思うかもしれませんが、これは生姜の辛み成分であるジンゲロールが手足の末梢血管を拡張してくれるため。身体の奥のほうでは熱を抹消に流す作用が出てくるため、深部体温を下げてしまうことになるのです。

乾燥させた生姜に含まれるのが、ジンゲロールが変換されたショウガオール。ショウガオールは胃腸を刺激して、身体の奥の熱を作り出してくれます。そのため、身体の芯から温まりたいときには、乾燥した生姜パウダーが効果的です。

 

生姜パウダーの方が冷えに効果が!冷え症改善はもちろんダイエットにも

N825_mahura-girl_TP_V1

生姜に含まれるジンゲロールとショウガオールの作用の違いにより、生の生姜と生姜パウダーがもたらす効果の違いがわかりました。

冷えに効果があるのは生姜パウダー、解熱作用をもたらしたいときには生の生姜がよいわけです。生姜パウダーには、冷えを改善する以外にもダイエットなどに期待が持てます。

理由は、基礎代謝を高めてくれるから。身体がいつも温かい状態であれば、エネルギー効率がよくなります。常に運動しているのと同じような状態ですから、脂肪がエネルギーに変わりやすいのです。そもそも、体温が高ければ、何もしなくても代謝が行われる基礎代謝が上がってきます。イコール、痩せやすく太りにくい体質になれるわけです。

 

いつ摂る?生姜パウダーの上手な取り入れ方

dominik-martin-327

生姜パウダーは、好きなときに摂ればよいのですが、効果的な取り入れ方もあります。身体が冷えたなと思ったときには、生姜パウダーを飲み物などに混ぜて飲めば手軽に温感効果を得られるでしょう。

食事と一緒に生姜パウダーを取り入れれば、体温が上がってエネルギー効率を高められるかもしれません。運動の前後などに、生姜パウダーの入った飲み物を飲んでみるのもおすすめです。

色々使える生姜パウダーを飲み物だけでなく料理にも使ってみよう

生姜パウダーは、スーパーやコンビニで簡単に手に入ります。また、市販の飲み物に生姜が加えられている商品も人気ですよね。

生姜の量を自由に調節できるという意味では、生姜パウダーを用意しておいて好きなときに振りかけるのがおすすめ。飲み物だけでなく、料理にササッと振ってみるのもよいでしょう。

スープやみそ汁などに入れて飲んだり、お肉やお魚、サラダなどに振ってみると、身体が温まるうえに味も引き締まります。生姜には殺菌効果もありますから、その意味で調理に使うのもよいでしょう。

生姜パウダーは自分でも作れる?その方法とは

市販の生姜パウダーでは満足できないという方は、自作してみるのもアリですよ。まずは、生姜をスライスにして天日で干し、乾燥生姜を作ります。

乾燥生姜が大注目されることになったキッカケのテレビ番組では、電子レンジを使っていましたが、レンチンだと火が出てしまう恐れがあるため気を付けましょう。

天日に干す場合、3日~5日ほどで生姜が渇いてきます。風通しの良いところに干すのが一番ですが、屋内で扇風機をあててみるという方法もあります。

ネットのケースが販売されていますので、利用して生姜を並べてみると便利です。乾燥した生姜は、すり鉢で擦るか、電動ミルで粉末にしましょう。容器に入れて、乾燥剤も入れて保存すると、思ったより日持ちがします。

-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.