女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

ソースの種類増えてない?地域で違う味の好み!ソースについて考えた

更新日:

 

kitchen-2384937__340

料理の味付けとして使われるソースは、日常的にかけている人も多い美味な食品です。

味の濃い加工食品なだけに、全国どこでも同じ味だと思ったら大間違い。

同じメーカーの中濃ソースでも、東と西では味に違いがつけられています。

ここでは、ソースの定義やウスターソースと中濃ソースの違い、地域別のソース、スーパーで購入できるソースの種類などについて紹介します。

スポンサーリンク

ソースとは関西のソースが凄い

最近、ソースの全国地域別勢力が話題になっているのをご存じでしょうか?

実は、日本全国でも東と西ではキッパリと味やメーカーの境界線が引かれているのです。

東とは、北海道から北陸をのぞいた信州・甲州・静岡県まで。

西は、静岡をのぞいた東海と北陸から九州までを指します。

東の勢力はソースメーカーのブルドッグが占め、西の勢力はオタフクやカゴメが占めていることに驚く方も多いでしょう。

最近では、東にも西の食文化が多く流入しているため、オタフクソースを関東などで買えないということはありません。

ただ、西の地域でのオタフクソース浸透度の勢いが半端ではないことを知ったら、東で生まれ育ってソースといえばブルドッグと決まっている人には違和感を感じるはず。

関西圏でのオタフクソースの信頼度は、計り知れないものがあります。

そもそもソース本来の意味

of-965193__340

そもそもソースとは、西洋由来の食品です。

調味料として使われたり、出来上がった料理に添えられることもあります。

日本ではとんかつやコロッケ、お好み焼きなどにかけるソースが一般的に認識されているソースですが、西洋ではもっと手の込んだソースを指すことも多いのです。

たとえば、デミグラスソースなどは、手作りすれば肉や野菜類を何時間も煮詰めて作るもの。

料理の基本としてマスターする味ですから、西洋料理を学んでいる人にとってはインスタントの日本風ソースなど邪道と思う人もいるかもしれません。

ウスターソースと中濃ソースの違い

日本でのソースといえば、ボトルに詰められてかけたいときにドプッとかけられるインスタントの加工食品を指す場合が多いでしょう。

ソースの種類には、主にウスターソースと中濃ソースがあります。

ウスターソースと中濃ソースは、行政上は同じもの。

中濃ソースも、ウスターソースのくくりに入れられているのです。

しかし、実際には、ウスターソースは中濃ソースより粘度が低いソース、中濃ソースはどろりとした粘度の高いソースと認識されています。

ウスターソースはイギリス生まれだといわれており、日本に入ってきてから中濃ソースなどが派生しました。

もともとは、モルトビネガーに浸け込んだ野菜類を煮込んだソースのため、本格的なものはやや酸味を感じられます。

地域で違うソースの好み

ソースの好みは、地域によって完全に好みが分かれています。

もちろん少数派もいるとはいえ、多くは関東から北で中濃ソース、近畿地方より西ではウスターソースやとんかつソース、お好み焼きソースが好まれています。

メーカーの勢力がハッキリしているだけに、こうした好みが分かれるのは当然のこと。

子供の頃から食べ慣れているソースの味が、大人になっても受け継がれていくようです。

特に関西圏ではお好み焼き文化が強いため、ソースにもうるさいという人が多く存在します。

スーパーで気軽に買えるソース続々

AdobeStock_62514638

最近では、日本全国どこに住んでいても、遠い地域の食品を購入することが可能になりました。

便利な食品店も増え、ネットショッピングが一般的になったことも影響しているでしょう。

とはいえ、身近なスーパーでも地域限定のソースに出会えたら思わず感動して手に取ってしまうのではないでしょうか。

たとえば、ウスターソースにも薄味地域限定のバージョンなどが出ています。

減塩ブームの昨今、薄味のソースに出会えるのは貴重です。

外国製のソースも注目され、ソースからの食文化が広まっています。

スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.