女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

スキンケア

使いやすいと話題の日焼け止めパウダー@つけ心地や効果はどう

更新日:

hilarity-1349125__340

日焼け止めパウダーとは

日焼け止めといえば、クリームやジェル状なのが一般的です。

ところが、今注目されている日焼け止めパウダーは、パウダー状の日焼け止め。

顔にはたくだけのパウダーで、日焼け止めになるの?と心配するかもしれませんが、その使用感や効果は侮れないのです。

より肌にやさしく、負担が少ないものをと追求していた結果、日焼け止めパウダーに行き着いたという人が増えています。

特徴としては、天然の原料をもとに、油分や乳化剤を含まず製造されているのがポイントです。

日焼け止めパウダーとクリームの使用感や効果の違い

日焼け止めパウダーと日焼け止めクリームとでは、使用方法からして全く異なります。

日焼け止めクリームは、どうしても肌に刷り込むようにして塗ってしまう人が多いのではないでしょうか。

たっぷり塗ったほうがよいという説もあり、毎夏、大量の日焼け止めクリームを消費するという人も多いでしょう。

大量の日焼け止めクリームが、毛穴の中に入っていけば、当然落とすときのクレンジングにも刺激が必要です。

そのため、素肌への負担が悪循環になりかねない心配があります。

その点、日焼け止めパウダーは、日焼け止めクリームと同様の日焼け止め効果を備えているにもかかわらず、肌の上からはたくように使用するだけで、しかもクリームより落としやすいというメリットがあります。

使用感は非常に軽く、PA++++などのレベルの高い日焼け止め効果も持っています。

メイク直しをするときにも、楽々です。

日焼け止めパウダーの使い方

cosmetics-1543271__340

日焼け止めパウダーの基本的な使い方は、ファンデーションなどを塗った後に仕上げとして塗るのがおすすめです。

というのも、日焼け止めパウダーにはカバー力が薄いため、シミなどがあるときには目立ってしまうのです。

ファンデーションを塗ってから日焼け止めパウダーを使うのは肌への負担が心配という方は、カバーしたい部分をコンシーラーなどで部分的に隠してから、日焼け止めパウダーを塗るとよいでしょう。

日焼け止めパウダーはパウダーですから、素肌に近い状態でなじんでくれます。

日焼け止めパウダー汗や水には弱い?

surf-1533278__340

日焼け止めパウダーは、汗や水には弱いのが基本です。

逆に、その特徴が、石鹸でも落としやすいメリットになっていますから、炎天下で長時間過ごすようなときには要注意です。

ただし、日焼け止めパウダーも進化していて、各メーカーで特色を競い合っています。

汗や水に強いタイプの日焼け止めパウダーもありますから、自分の肌や条件に合うものを選んでください。

おすすめ日焼け止めパウダー3選

ここで、おすすめの日焼け止めパウダーを3選、紹介しましょう。

アリィー ミネラルUVカットパウダー

カネボウから出ている日焼け止めパウダーで、メイクの上に仕上げとして使ったり、メイク直しのときに使うのにもってこいです。SPF38、PA+++で、日焼け止め効果もなかなか。お値段は2,000円ですから、手頃ですね。スーパーやドラッグストアで、気軽に購入できるのも魅力です。

ドクターシーラボ エンリッチリフト UVパウダー

ドクターシーラボのエンリッチリフトUVパウダーは、全身使えるタイプの日焼け止めパウダーです。メディカルコスメとして歴史の長いドクターシーラボでは、紫外線防御力をアップした製品を開発。最新のSPF50+、PA++++と、最強レベルの紫外線防御力を提供してくれています。美容成分が配合されていて、つけているだけでスキンケアになるのも魅力です。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

紫外線吸収剤不使用なので、敏感肌の方でも安心して使えるこちらの化粧品。ミネラルサンスクリーンも、毎日でも安心して日焼け止めとしてメイクの仕上げにしようできます。それでいて、SPF50、PA++++と大きな日焼け止め効果に期待できます。

-スキンケア

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.