女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

大事な荷物をの見守ります!トレネってどんな物?便利な使い方

更新日:

諸外国に比べると、日本は治安が圧倒的にいい国です。

外出先のカフェなどで席取りに荷物を置きっぱなしにしておいても、盗まれることがないというのは外国人にとって脅威的なほど。

ただし、最近ではちょっと目を離したすきに荷物が盗まれるなどの被害にあう人も多くなったといいます。

そこで頼りたいのが、トレネ。

荷物の見張り番になってくれるアイディアグッズで、外出先などで役に立ってくれます。

トレネの設定方法や使いたいとき、使い方、サイズや使用可能時間などについて紹介します。

トレネとは

トレネは、1人で外出するときなどに荷物の見張り番となってくれるグッズです。

バッグはもとより、最近ではパソコンやスマホなどを席に置きざりにしてトイレや会計に行ったすきに盗難に遭ってしまうケースが増えてきています。

そんなとき、トレネを荷物の上に置いておけば、連動させたアプリに万が一の非常事態を知らせてくれるのです。

もしも荷物が動かされたら、異常を検知したセンサーがアラーム音やLEDの光で周囲に知らせます。

周囲の人が何もしてくれなくても、自分にもアプリに連絡がきますから追いかけて被害を防ぐことができるのです。

トレネの設定方法

トレネは、あらかじめアプリと連携させておく必要があります。

そのうえで、外出先などで席を離れるときに荷物の上にトレネを置いておくのです。

すると、他人によって荷物が動かされたところでトレネのセンサーが作動し、アラーム音とLED光が発します。

周囲に警告音が鳴り響きますから、何事かと思われて盗難被害を食い止めることができるでしょう。

専用アプリは無料でダウンロードできますから、トレネを購入したらアプリをダウンロードして連携すればOKです。

トレネが役立つのはどんな時?

トレネは、外出先の様々なシーンで役立ちます。

飲食店などで席に着いた後、トイレやカウンターなどに行くとき、少しでも席を外すようなシーンで使えるのは便利です。

トレネがあれば、1人での食事やお茶も安心してできます。

セミナーなどに参加したときにも、席を外すのが心配なときがあります。

そのようなときでも、トレネを設定しておけば安心。

他にも、コワーキングスペースを利用するときにトレネを利用すれば、安心して席を外せます。

ただ、トレネを使っていても、警告音や光を自分で察知して被害を食い止めに動く必要はあります。

周囲が助けてくれない可能性も考えて、素早く移動できるように油断はしないようにしておきましょう。

トレネの使い方

トレネは、荷物だけで留守番をさせるときに、荷物の上に置くことでアプリとBluetooth経由で連動します。

最初にアプリをダウンロードしておく必要がありますが、設定を済ませたら後は外出先などでトレネを荷物の上に置いて席を外せばOK。

他人が荷物を動かそうとすれば、センサーが察知してアラーム音などで知らせてくれます。

ただし、お店の人や隣の人が少し荷物をずらそうとしただけでも反応してしまいますから、その点は注意しておきましょう。

トレネの重さや大きさ・使用可能時間

トレネは、重さ約18グラムと非常に軽量にできています。

積み木のブロックのようなポコッとした形をしていますが、外寸は40mm×29mmですからそれほどの負担にはならないでしょう。

ポケットにも入る程度ですから、気軽に持ち歩きができます。

約2時間のフル充電によって、約20時間の連続使用ができるため、長時間外出するときにも便利です。

バッテリー残量や充電環境によっても連続使用時間は異なってくるので、外出途中で電池がなくなってしまわないように気を付けてください。

また、アプリの対応は、iOS10以降、Android6.0以降です。

古い機種のスマホを使っている場合は、使用できるかどうかをチェックしておきましょう。

-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.