女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

覚えておいて!被災者生活再建支援制度!災害で被害にあった時のもしもの為に

更新日:

typhoon-1725056_960_720

日本全国どの地域でも、自然災害の被害に遭わないという保証はありません。

日本のように海に囲まれた島国で、台風なども多い気候の中で過ごしていると、いつどこで風水害に遭ってもおかしくはないのです。

そこで国が制定したのが、被災者生活再建支援制度です。

風水害の被害に遭ったときに利用できる制度で、突然被災したときに便利です。

被災者生活再建支援制度を使えるときや手続きの仕方など、詳しい活用方法について紹介します。

被災者生活再建支援制度とは

被災者生活再建支援制度は、大まかに説明すると風水害で自宅が全壊あるいは半壊したときに生活を再建するための資金が給付される制度です。

法律に該当する被害が発生した市町村が対象となり、細かな点は地域の被災規模にもよります。

支援制度を受けるには罹災証明が必要で、法律によって定められた対象の災害であることが条件なのです。

どんな災害で被災者生活再建支援制度が使える?

hurricane-irma-2857982_960_720

被災者生活再建支援制度が成立した背景には、1995年に発生した阪神淡路大震災があります。

住宅を失った被災者が公的な援助を求める声をあげ、翌年から神戸生協が全国規模で署名運動を開始し、1997年に当時の首相に声が届いて議会にかけられることになったのです。

被災者生活再建支援制度が使える自然災害の定義は幅広く、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異状な自然現象により生ずる被害が対象です。

戦争、火災、大規模事故、人為的な爆発事故などによる被害は含まれないものの、原子力発電所の放射能漏れ事故の原因が、地震、津波の影響によるものであれば、支援法の対象とされています。

被災者生活再建支援制度の対象となる状態とは

被災者生活再建支援制度の対象となる状態は、住宅が全壊あるいは半壊していること。

住宅の敷地が被災し、やむを得ず住宅を解体しなければならない場合も支援の対象となります。

災害による危険が状態が続き、長期間住宅に住めない場合も対象です。

大規模な補修を行わなければ居住が難しいほどの半壊住宅も、支援の対象となります。

ただし、東日本大震災の原発避難者は、対象外とされています。

被災者生活再建支援制度の手続きの仕方

被災者生活再建支援制度は、住民登録している市町村で手続きをする必要があります。

市町村に申請書を提出すると、書類が県ごとにまとめられて支援法人である都道府県会館に送られます。

その後、審査を経て支援金が給付されるのです。

窓口に申請をすること自体は簡単ですが、その場で審査されるわけではないため、ある程度の期間がかかることも考慮して早めに申請をしておきたいところです。

被災者生活再建支援制度に必要な書類や申請期間

time-273857_960_720

被災者生活再建支援制度に必要な書類は、申請書の他にもたくさんあります。

住宅が全壊あるいは半壊したことの支援金を求める場合には、基礎支援の申請が必要です。

さらに住宅の補修や改築を行う場合には、加算支援の申請が別途必要になるのです。

基礎支援の申請をするためには、罹災証明書・世帯全員の住民票、世帯主名義の預金通帳写しが必要です。

そのほか、解体をする場合には解体証明書、敷地被害解体で申請するためには応急危険度判定結果の申請書提出が必要になります。

加算支援を受けるには、契約書などの写しが必要です。

住宅を建設あるいは購入したり、補修や賃貸したことがわかる書類のコピーを指します。

被災者生活再建支援制度の申請期間は、自然災害ごとに決められています。

例えば、東日本大震災に被災した場合は、平成30年4月10日までが申請期間です。

基礎支援金は災害発生日から13ヶ月、加算支援金は災害発生日から37ヶ月とされていますから、参考にしておくとよいでしょう。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.