女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

水災保証ってあるの知ってた?火災保険では保証してくれない事

更新日:

自然災害の発生が多くなり、どこの家庭でも自然災害にどんな備えをしたらよいかと気を揉んでいることでしょう。

自然災害にもいろいろありますが、最近話題になっているのは水災です。

台風や大雨の災害も増えている昨今、洪水や土砂崩れ、高潮への備えは検討すべき価値があります。

ここでは、水災保証の特徴や火災保険との違い、保証枠や選び方などについて紹介しましょう。

水災保証とは

水災保証は、自然災害の中でも洪水や高潮、土砂崩れなどによる損害を保証する保険のことです。

海の近くに住んでいないから、高台の付近ではないからと安心するのはちょっと待ってください。

実は、海や高台の近くではなくても、都会での水害も増えています。

大雨などで水が行き場を失って、マンホールがフタを開けて洪水になったり、その中に引き込まれる事故なども発生しています。

水災補償をつけていれば万が一のときにも保険がおりますが、大雨で下水があふれて後処理が大変というときでも水災補償がなければ全額実費で支払うような羽目になりかねません。

台風で床上浸水したり、土砂崩れで家が流れてしまったなど、昨今では日本中どこにいても水災に遭う心配があります。

こうした災害には火災保険に入っておくのが便利ですが、その中でも水災補償をつけていないと補償されないことが多いのです。

水災保証と火災保険の違い

水災保証は、火災保険の中の補償の一種です。

火災保険は自然災害の被害をカバーしていることが多いのですが、被害の中には補償されないこともあります。

その一つが水災で、豪雨や台風、高潮などの被害に遭って家を失っても、火災保険に入っているだけでは保険金がおりないのです。

水災による被害の補償は、水災補償を火災保険とセットにしておく必要があります。

知らない火災保険の保証枠

ここで、火災保険の補償枠について見ておきましょう。

火災保険というと、火災の被害補償のみが対象と思っている方もいるでしょう。

しかし、火災保険では落雷や破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災による損害を補償するプランなども保険会社各社によって用意されています。

盗難や水濡れ、車両の飛び込みなども対象になっているプランがありますので、保険会社の各商品内容を検討してみたいところです。

幅広い災害の補償に対応している火災保険ですが、地震や噴火、津波による火災災害に関する被害には補償がされません。

そのため、火災保険とセットで必要な補償を付けておく必要があるのです。

水災保証で保証可能な水害

水災補償の内容も、保険会社各社で異なります。

基本的には、台風や豪雨で床上浸水したり、土砂崩れに巻き込まれて家が流されてしまったなどの被害に対して補償が行われます。

建物が対象の場合と家財が対象の場合がありますから、契約の際には慎重に検討したほうがよいでしょう。

水災補償でも、津波による床上浸水は補償の対象にならない保険会社がありますので、注意する必要があります。

水災保証の選び方

水災補償は、火災保険とセットで契約するのが基本です。

まずは、火災保険でどのようなサービスが提供されているかを保険会社ごとに検討することが大切です。

各社で様々なサービスを提供していますから、保険の比較サイトなどを利用して検討してみてください。

水災補償では、失ったものを補償してもらうだけでなく、残存物を片づける費用としても補償してもらえます。

水災の被害に遭った後に片付けが必要になったとき、自力では処理できずプロに頼むのも水災補償に入っていれば気楽です。

水害が起きやすい地域に住んでいる場合はもちろん、川や海、山などが近くにないという場合でも一度は水災補償を検討してみたほうがよいでしょう。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.