女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

導入美容液

導入美容液の使い方は?スキンケアの順番はどうなるの?

投稿日:

導入美容液は化粧水の浸透を早めて、肌のこわばりを改善してくれる便利なアイテムです。

加齢の影響によって、肌のごわごわ感が気になり始める30代や40代のスキンケアには是非ともおススメしたいです!

しかし、導入美容液を初めて使う人の場合、スキンケアの順番や正しい使い方が分らない人もいると思います。

導入美容液は、正しく使用しないと、本来の効果を十分に発揮できなくなってしまうため、正しい使い方を知っておくことが重要です。

導入美容液の正しい使い方をマスターして、ざらつきのない、ツルツルな美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

導入美容液の正しい使い方は?

使う頻度は?

導入美容液は、肌のこわばりが酷い時には、基本的に毎日使用します。

肌の手触りが柔らかくなるまで、毎回スキンケアでお手入れするのがおすすめです。

しかし、基本的には肌の状態が良く、たまにしか肌のこわばりがない場合は、導入美容液を毎日無理して使用する必要はありません。

そういう場合は、肌の調子が悪くなった時の切り札として、肌の調子を見ながら、スペシャルケアとして使用するのもおススメです。

つける順番は?

導入美容液は、「洗顔後直ぐ」に使用するのが一般的です。

化粧水や乳液の前に使用するようにしましょう。

ただし、導入美容液には色々な種類があり、導入美容液の種類によっては、お手入れの順番が特殊になっていることもあります。

そのため、導入美容液を購入した時には、念のために導入美容液のお手入れの順番を、しっかり確認しておくことをおススメします。

つけ方は?

導入美容液をつける時には、「手」の方がおすすめです。

手でハンドプレスをする方が、お肌への刺激が少なく、ざらつきなど肌のコンディションを把握しやすいからです。

コットンを使う場合、高い導入美容液をケチって使ってしまうと、コットンが毛羽立ちやすく、肌への刺激が強くなる可能性があります。

また、とろみの強い導入美容液の場合は、コットンへの浸透が悪く、コットンが乾燥状態で、肌とこすれて摩擦を起こす原因になってしまうため、あまりお勧めできません。

使う量は?

導入美容液は、500円玉の大きさくらいの量を使用することが一般的に推奨されているのが多いです。

しかし、実際には「顔の大きさ」に合わせた量を使用するのがおすすめです。

顔が大きな人だと、500円玉くらいの量では少ないと感じ、顔が小さな人だと、500円玉くらいの量では多く感じてしまうので、適量は人それぞれ異なります。

一番注意をしたいのは、使用量をケチった結果、摩擦により「肌への負担」が大きくなることです。

つけ過ぎも良くありませんが、導入美容液の使用量は、肌への摩擦が起きない程度に、十分な量を使うことが理想的です。

つけた後のお手入れは?

導入美容液を使用した後は、すぐに化粧水や乳液などの使用します。

導入美容液を使用すると、アルコール成分や界面活性剤の影響で、肌は油分や水分が奪われ、すぐに乾燥が始まりますので、時間を置かずに使用するのが大事です。

時間を空けてしまい肌が乾燥状態になってしまうと、せっかく導入美容液を使用しても、後から使う化粧水の浸透が悪くなってしまうので注意をしましょう。

導入美容液の注意点は?

導入美容液には、「コスメとの相性」があります。

導入美容液に使用されている成分との相性によって、Aの化粧水には合うけど、Bの化粧水とは合わないなどの問題が出てきます。

これは、導入美容液が基本的に、同じラインの化粧水や乳液が効果を発揮しやすくなるように作られているためです。

そのため、導入美容液は、基本的にライン使いの方がおすすめです。

違うブランドの導入美容液と化粧水を使うと、導入美容液の本来の力を発揮できない可能性がありますので注意が必要です。

導入美容液の口コミランキング10@一番おすすめはこれ

若い頃は特別なお手入れをしなくても、ツヤや弾力のある肌をキープできます。 しかし、加齢によって新陳代謝が落ちてくると、肌 ...

続きを見る

スポンサーリンク



-導入美容液

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.