女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ファッション

髪色変えてやわらかな雰囲気作りにはグレー系ヘアカラーがおすすめ!

投稿日:

ヘアカラーにも流行がありますが、近年人気を集めているのがグレー系ヘアカラーです。

今回は、人気のグレー系ヘアカラーについて調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

グレー系ヘアカラーとは

グレーは灰色、ねずみ色をさす英語で、グレー系ヘアカラーはこの色を基本とした様々なヘアカラーです。

黒より重くなく軽やかさがありながら、他のヘアカラーよりナチュラルで馴染みやすい色です。

独特の色合いはこなれた感があり、他のヘアカラーとは一味違ったおしゃれを演出できます。

グレー系ヘアカラーの幅広いカラー色

グレー系ヘアカラーはカラー色が幅広く、季節や髪形に合わせたセレクトが楽しめます。

基本のグレーは黒髪に近いナチュラルさがあり、グレー系ヘアカラー初心者の方におすすめの色合いです。

グレーの中でも白に近い色合いをしているのが、アイスグレーです。

アイスグレーは名前の印象通りひんやりとした感じがある色合いで、グレーより曖昧で明るい色合いをしています。

金髪など他の明るい色より馴染みはいいですが、髪形によっては個性的になることもあるので、おしゃれをより楽しみたいという方におすすめの色合いです。

アイスグレージュは、グレー系の中でも黒髪に近い色合いで、抜群のナチュラルさがあります。

しかし、グレー系ヘアカラー独特の抜け感はしっかりと感じることができ、日の当たる場所ではその透明感を綺麗に見せることができます。

室内では黒髪に見えるほどの暗さなので、仕事をしている方でも気軽におしゃれを楽しめるヘアカラーとなっています。

グレーの中でも少し暗めで、日本人の黒髪系に寄った色がシルバーグレーです。

アイスグレーより暗いですが、グレー系の中でもかなり明るい部類に入ります。

黒髪系寄りのナチュラルさもありながら、グレーの抜け感をしっかり感じることができるヘアカラーです。

グレー系で明るい色に挑戦してみたい、という方におすすめです。

グレー系ヘアカラーで出せる雰囲気

グレー系ヘアカラーの最大の特徴は、ナチュラルさを演出しながら、柔らかく優しい雰囲気になるという点です。

独特の抜け感は赤や黄色系のヘアカラーより黒髪に近いものですが、黒髪より軽やかでこなれ感を演出できます。

ヘアカラーの中でも落ち着いた色合いなので日本人の黒髪に馴染みやすく、どんな髪形でも合わせやすいという凡庸性の高さがあります。

また、独特の色合いは季節を問わず似合う色なので、オールシーズン楽しめるヘアカラーとなっています。

スポンサーリンク

グレー系ヘアカラーの上手な染め方

明るいグレー系にする場合は、ブリーチをする必要があります。

髪の毛にはメラニン色素というものがあり、黒や赤、茶、黄色といった色素が元々入っています。

この色が残っているとグレー系の色を綺麗に出すのは難しく、どうしても元の髪の毛の色合いが影響してしまいます。

綺麗で明るいグレーにするためには、まずブリーチでこれらの色素を抜き、その上からグレーを入れる必要があります。

場合によっては何度もブリーチをする必要があるので、染めた後はしっかりとヘアケアをしましょう。

どっちがおすすめ?グレー系ヘアカラーお家派?サロン派?

グレー系のヘアカラーは、セルフで行う場合、思い通りの色にするにはなかなか難しい色合いです。

元々が曖昧な色合いのため、自分でしっかりと色合いを調節する必要があります。

手間がかかる自宅染めですが、サロンよりコストを抑えて染めることができ、自分の好きなタイミングで行えるというメリットがあります。

綺麗に染めたいのであれば、ヘアサロンで染める方が確実です。

ただし、ヘアサロンのグレー系は黒髪に近いものが多く、明るいグレーには対応していないサロンもあります。

また一度染めるのにも費用がかかり、予約などの手間も必要となります。

時間とお金に余裕があり、グレーの中でも黒髪に近いナチュラル系にしたいという場合であれば、ヘアサロンで染める方法がおすすめです。

スポンサーリンク


-ファッション

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.