女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

スキンケア

意外と知らない乳液の使い方を紹介!正しい使い方で効果もアップする!?

投稿日:


スキンケアでは、順番が効果に影響を与えます

洗顔やクレンジングをしたら、すぐに保水のために化粧水を使い、次に美容液、乳液、クリームといった手順でケアするのが一般的です。

人によっては使うアイテムと使わないアイテムとがあり、最近では乳液を省略する人も少なくないようです。

ただ、乳液にも立派な役割があります

ここでは、乳液の効果や役割、種類、正しい使い方注意点などについて紹介しましょう。

乳液の役割・効果とは?

乳液は、クリーム以上にぺたぺたして吸収力がイマイチだから使わない、クリームがあれば保湿には十分といって避けている人もいるようです。

しかし、油分を少し含む乳液は化粧水とは大きく役割が異なり、つけた後の影響もクリームとは違います

化粧水で水分を与えた肌に油分でフタをする役目を果たしてくれるだけでなく、クリームのように完全に毛穴を覆って毛穴づまりを起こしてしまう心配もあまりありません

さらに、油分と水分を同時に与えることができるため、肌をやわらかくしてくれる効果にも期待できます。

この点も、ただ肌にフタをする役目を果たすだけのクリームとは大違いでしょう。

乳液の最大の効果といえば、水分を補って保湿もしてくれるという点です。

つまり、化粧水とクリームに期待できる効果を1本で果たしてくれるのが乳液なのです。

乳液には油分も含まれていますから、洗顔で失われた皮脂の代わりとなってうるおいをサポートしてくれます。

化粧水は保水によって肌を整えることができても、うるおいを保つことはできません。

この点は大きな違いですから、化粧水のみでスキンケアを終わりにするより乳液をつけたほうが効果的なのです。

乳液の種類は?

乳液には、大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴や効果について、見ていきましょう。

ティント乳液

ほんのり肌色がかっている乳液のことをティント乳液といいます。

肌色といっても幅広い種類があり、ベージュっぽかったりピンクっぽかったりと商品によってさまざまです。

自分の肌色に合わせたり、理想の肌色に合わせて選ぶことができるので、メイクの補助としても使えるのが便利です。

ティント乳液の効果は、ほのかに色づくカラーによって肌のくすみなどをカバーできる点です。

ティント乳液をつけてからフェイスパウダーをはたけば、薄いメイク代わりにもなって、ちょっとそこまで出かけたいというときにもおすすめです。

保湿乳液

従来、乳液といえば保湿効果をメインにする化粧品でした。

最近では多様な機能を持った乳液が出ていますが、寝る前に保湿したいというときなどはシンプルな保湿乳液を使うのが肌への負担を減らすことができます

もちろん、保湿成分だけでなく、美白などの美容成分が配合されていてもOKです。

日中の乳液として使用してもよく、UVやティントといった機能が必要ない場合は、こちらの保湿乳液を使えば十分なスキンケアとなるでしょう

UV乳液

UV乳液は、紫外線ケアができる乳液です。

日中使用する用にできていて、外出する前や家にいて洗濯物を干すのに外に出るときなどに使うにも便利です。

商品によってUV効果は違ってきますから、外出の度合いに合わせて選ぶとよいでしょう。

UV乳液の前に、日焼け止めを塗る人もいます。

UV乳液を外出先に持っていくと、メイク直しをするときに便利です。

通常の乳液でも、メイクを直すときに崩れた部分を落としたり保湿をするのに役立ちますが、UV乳液であれば紫外線ケアも同時に兼ねることができます。

乳液の正しい使用方法

ここで、乳液の正しい使用方法について紹介します。

これまで毎日のように乳液を使ってきた人も、自分の使い方を見直すきっかけにしてみてください。

タオルで顔を温める

まずは、タオルで顔を温めることから始めましょう

お風呂上りなどで肌が温まっているときは、そのままでもOKです。

肌を温めておくと、保湿効果が高まります

毛穴がゆるんで化粧品の成分を吸収しやすくなり、スキンケアの効果がよりアップします。

蒸しタオルなどを使う手間が面倒であれば、手の体温で顔を包み込んで温めるのもおすすめです。

化粧水の後に塗る

化粧水をしっかりなじませてから、乳液を塗るようにすることも重要です。

洗顔の後に、保湿効果を高めようとしていきなり乳液を塗るのはあまりおすすめできません。

乳液には油分が含まれているため、肌への浸透力に向いた化粧品ではないのです。

せっかくの成分が無駄になってしまう可能性がありますし、乳液の後に保水しようと化粧水をつけても肌は水分を吸収してくれません。

まずは化粧水、次に乳液を使うようにしてください。

顔の中心から伸ばして使用する

顔の中心から外側に向かって乳液をのばすようにすると、マッサージのような効果に期待できます。

ただペタペタと肌につけるよりは、指の腹でやさしくマッサージするようにのばすと血行もよくなってくるでしょう。

使用量

乳液の一回の使用量は、10円硬貨から1円硬貨大くらいを目安にするとよいでしょう。

肌質やそのときの肌の状態によっても異なりますから、肌の様子を見て量を加減してみてください。

あまり少なすぎても十分な保湿ができませんし、多すぎてもべたべたして意味がありません。

重ね塗り

特に乾燥が気になる場所には、重ね塗りをしてもOKです。

乳液には油分が含まれていますから、つけたてのときには肌が十分に潤っているような感触があります

ところが、時間がたってくると部分的に乾燥してくることもあるのです。

乾燥してきた部分には、うるおいを補充してあげるとよいでしょう。

コットンで使用する場合は?

乳液を手で塗らずに、コットンで使用したいという人もいるでしょう。

おすすめは、手の温もりで肌を温めながらマッサージするようにつける方法ですが、衛生重視でコットンを使用してもOKです。

ただし、コットンの繊維が肌について毛穴を詰まらせたり余計な刺激を与えてしまうこともあるため、気を付けてください。

コットンで乳液をつける場合の一回の使用量は、500円玉くらいがおすすめです。

手でつけるときよりは、多めの量がよいでしょう。

乾燥した部分は、重ねづけをするなどは手でつけるときと同様です。

乳液を使う時の注意点

乳液を使うと、どうしてもべたつき感が気になるという人がいます。

クリームよりも肌の上でうまくとどまってくれず、乾きにくくてうまく扱えないということもあるかもしれません。

上手に使うコツとしては、べたつきが気になりそうな部分には少な目に塗るなどがおすすめです。

また、肌をこすりすぎない、目安量を守るなども気を付けてみてください。

-スキンケア

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.