女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

栄養価が高いバターナッツかぼちゃ@かぼちゃより食べ易い?おすすめな食べ方

更新日:

butternut-squash-399415_960_720

ハロウィンブームが日本に定着しつつあることもあって、秋になるとかぼちゃメニューが注目されるようになりました。

そんな中、新しいかぼちゃとして話題になっているのがバターナッツかぼちゃ

ひょうたんのような形をしていて、見た目も独特です。

バターナッツという名がつけられているように、ねっとりした食感とナッツ風味が特徴のバターナッツかぼちゃ。

その栄養効果や調理方法、普通のかぼちゃとの違いやレシピなどについて紹介します。

 

バターナッツかぼちゃとは

gourds-2855927_960_720

バターナッツかぼちゃは、アメリカではバターナッツスカッシュと呼ばれているかぼちゃの一種。

甘みこそあっさりしているものの、ねっとりしたピーナッツバターのような食感とナッツのような風味がおいしい食材です。

特に目を引くのが、ひょうたんのような形をしたその姿。

SNS映えもするので、調理前に撮影するのもお楽しみですね。

写真だと大きそうに見えますが、意外と小ぶりなのも扱いやすい食材です。

バターナッツかぼちゃの栄養効果

八百屋さんになりたい❤️笑 野菜とか果物の栄養価調べたり本で見るのが趣味です(o^^o) #バターナッツかぼちゃ #野菜

下仮屋カナエ🌈🌈🌈さん(@shinykanae)がシェアした投稿 -


バターナッツかぼちゃは、栄養豊富な食材です。

普通のかぼちゃと同じように、カロテノイドがたっぷり。

ビタミンB6やビタミンKなども含まれていて、美容健康効果に期待できます。

ビタミンB6といえば、皮膚や粘膜の健康に欠かせない栄養成分です。

神経伝達物質の生成にも関係し、精神安定にも一役買っています。

アレルギー症状の緩和や口内炎などの改善効果にも期待できるので、日常的にとりたい栄養です。

カロテノイドはポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用を持っています。

生活習慣病やアンチエイジングなど、幅広い効果に期待できるでしょう。

他にも、バターナッツかぼちゃには食物繊維やミネラルが含まれており、毎日でも食べたくなる食材です。

 

バターナッツかぼちゃの味@おすすめな調理方法


バターナッツかぼちゃの味は、ナッツのような風味が特徴です。

もちろん、かぼちゃの風味もしますが、全体的にまんべんなくおいしいというよりは特に底の丸みを帯びた部分がねっとりしておいしいと人気です。

そのねっとり感を活かして、ポタージュやかぼちゃのペーストサラダなどにしてみるのがおすすめの調理方法。

グラタンなどにしてみても、腹持ちがよくてひと口ひと口おいしくいただけるはずです。


デザートでは、プリンもおすすめ。

皮も食べることができますが、かなり硬めの皮なので取り除いて中身だけ食べるという人が多いようです。

バターナッツかぼちゃはかぼちゃとどう違う?

バターナッツかぼちゃは、日本のかぼちゃとは似ているようで違いもあります。

例えば、風味にナッツ感が感じられるというのは、日本のかぼちゃにはないこと。

日本のかぼちゃよりも、包丁を入れやすい形に感じる人もいるかもしれません。

アメリカでは非常にポピュラーなかぼちゃですから、見た目は変わっていてもごく普通のかぼちゃとして調理すればOK。

日本のかぼちゃより甘みが少なめでも、栄養は豊富なので安心して食卓に乗せられます。

バターナッツかぼちゃの美味しいレシピ

バターナッツかぼちゃは、そのねっとり感を活かしたメニューがおすすめです。

ポタージュスープやかぼちゃプリンなどが代表的なおすすめレシピですが、スライスしてソテーにしたり、グラタンにするのもおすすめです。

皮がしっかりしているので、中味をくりぬいて野菜やひき肉と一緒に煮込んで再び皮に詰め、チーズをかけてオーブンで焼けば、バターナッツかぼちゃグラタンのできあがりです。

ソテーをするときには、ベーコンやハムなどしっかりめの味がついた加工肉と一緒に炒めると甘辛風味が病みつきになります。

一度に使い切れない場合は、加熱してから冷凍保存しておくと便利ですよ。

 

-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.