女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

スキンケア

サウナの正しい入り方!これさえやれば体質改善・デトックス効果アップ!

更新日:

finnish-sauna-776997__340

汗をかくと、汗に混じって不要な老廃物が排出されるといいますよね。

これをデトックスといい、美肌や代謝の役に立ち、続けると体質改善にまでなるといいます。

でも、思うように汗をかけないときもあり、夏場以外ではお風呂に入ったりハードな運動をする以外に方法がないと思っている方もいるかもしれません。

人によっては、何をしても汗がなかなか出ないということもあります。

そこで活用を検討したいのが、サウナです。

スポンサーリンク

サウナのデトックス効果とは

高温の蒸し風呂に入ると、体温がじわじわと上がってきて汗がプツプツと噴き出してきます。

既に入浴して体温が上がっている場合も多く、仕上げにサウナに入って汗をかくという人もいますよね。

体内にたまった不要な老廃物が少なくなれば、血行がよくなり、新陳代謝が促されます。そんなことから、体質改善にも期待できるのです。

知っとこ!サウナの効果的な入り方

water-424807__340

サウナには、効果的な入り方があります。

ただ、サウナに入るだけでもよいのですが、なるべく効果的に入るには覚えておきたいポイントがあるのです。

まずは、大量に汗をかく可能性の高いサウナに入る前に、水分補給をすること。

脱水症状になると、生命に危険がおよぶことすらあります。

また、サウナに入る前には、全身をしっかり洗ってからよく身体を拭いておきましょう。

汚れや身体についた水分が、汗をかきにくくさせることがあるようです。

サウナから出たら、ぬるま湯か水をゆっくりかけて、手足から汗を流してください。

ただし、高血圧や心臓病の方は、冷たい水は控えましょう。

サウナから出た後にも、水分補給が必要です。

人間の身体は水分調節がしっかりされていてこそ健康でいられるため、サウナ後には水分補給を怠らないことが大切です。

サウナの温度は何度が適温?温度によって違う体への効果

サウナの温度は、外で入る場合には調節ができないかもしれません。

しかし、自宅で入る場合には、温度調節をして目的に沿った入り方をするとよいでしょう。

例えば、低温のサウナに入ると、ストレスや不眠を解消したり、美容のためによいといいます。

低温といっても70℃前後の温度ですから、人によっては低温と感じないかもしれません。

調節できるなら、もう少し低い温度にするのもよいでしょう。

肩こりや腰痛など、神経が疲れているときには、90~100℃の高温サウナに短時間入るのが効果的です。

サウナの種類が豊富に!高温・低温だけじゃないおすすめサウナ

salt-1884166__340

サウナといえば、高温と相場が決まっていると思う方もいるでしょう。

しかし、最近ではサウナの種類が増えて、高温サウナに入れない人でもサウナを楽しめるようになってきています。

例えば、低温サウナの一種として人気なのが、スチームサウナ塩サウナです。

スチームサウナは湿度が高いサウナで、塩サウナは塩を身体に塗ってからサウナに入る、より発汗を高めることができます。

遠赤外線サウナは中温サウナで、またの名を乾燥サウナともいいます。

実は発汗力が最も高いのは中温サウナで、体の芯から温まり、発汗もできるので、美容にも健康にもより大きな期待が出てきます。

その悩みにこのサウナ!ストレス改善・美肌つくりに

現代では、何らかのストレスを抱えている人が大勢います。

ストレス解消には、低温サウナにゆっくり入って休みましょう。

出る時間を忘れるほど入り過ぎるのはよくありませんが、低温サウナには緊張をゆるめる効果があり、自律神経系の悩みに効果的だといいます。

美肌のためにも、低温サウナがおすすめです。

より発汗したほうがよいなら中温サウナがよいのでは?と思うかもしれませんが、高温になるほどに皮膚の乾燥が進んでしまう恐れもあります。

低温で、塩サウナだと、より美肌に効果的です。

スポンサーリンク


-スキンケア

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.