女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

アペロしよう!と言われたら?楽しいお酒や会話の仕方@これでアペロがしたくなる!

更新日:

tomasz-rynkiewicz-91046
これから、「アペロしようよ」なんて言われることが増えてくるかもしれません。

でもアペロっていったい何?なんて聞くタイミングを逃して訳もわからず車で「アペロ」をしに行ってしまったら危険!

そんなことがないように、アペロとはなにか先におさえておきましょう♪

スポンサーリンク

アペロとは

最近、ちまたで聞くようになった言葉、アペロ。

何だかよくわからないけれど、アペロしようといわれたら、楽しそうで付き合いたくなってきませんか?

実は、アペロとは、フランスではよく使われている言葉。

アペリティフの略語で、フランスでは「アペロしない?」と誘われたら、アペリティフでもどう?という意味なのです。

アペリティフは、食前酒のこと。

夕食前に楽しむお酒として、フランスでは日常的な習慣です。

特に、サマータイムで日が長くなる夏場には、パリなどでアペロを楽しんでいる人達をよく見かけます。

フランスでは、一般的な階級の人が夕食を外で食べることが少ないため、カフェやバーで軽くアペロを楽しむのが、お酒の楽しみ方なのです。

なぜ、食事の間にアペロを楽しまないのかといえば、食事中にはフランスではワインを合わせるのが通常だから。

アペロに選ばれるのはあくまでも食前酒として、植物や果物を原料としたアルコールが多いんです。

ただ、人によっては、ビールやカクテルを飲む人もいます。

アペロの楽しみ方

mattias-diesel-281546

アペロは、酔うために飲むお酒ではありません。

友達や恋人と一緒に、語り合うために飲むお酒なのです。

もちろん、1人でアペロを楽しむ人もいますが、アペロでベロベロに酔っぱらうような人は、フランスでは無粋とみなされるようです。

アペロを飲むときには、軽くつまめるものを合わせるのも鉄則。

おつまみなしでもよいのですが、食事の前に軽くつまんでおくのも、胃に負担をかけないようにする準備です。

フランスでは、ごくごく自然に、アペロを飲み終えると解散となります。

それぞれ、家路につくなどして、夕食に備えるのです。

基本的なアペロからの流れ

アペロは食前酒ですから、その後に食事をすることを忘れないでおきたいところ。

おつまみや食前酒でお腹いっぱいにしてしまわないように、気を付けましょう。

せいぜい、2~3杯まで飲むのにとどめ、おつまみも軽くつまむ程度が適切。

会話の友程度に考えて、1~2杯を飲んだら、さっと別れたり、一緒に家に帰って夕食をとるのが正しい流れです。

食事中にはワインを飲むことが多いフランス人ですが、しっかり食後酒を楽しむ人も少なくありません。

胃を締めるために飲む食後種には、リキュールなどが定番です。

こちらは、アルコール度数も高く、濃厚なお酒であるのが特長。

人によっては、アルコールが強過ぎて、食後酒はパスということもあるでしょう。

お酒は糖度も高いので、飲み過ぎには注意してください。

スポンサーリンク

アペロに合うお酒やおつまみ

brooke-lark-275181

アペロとしてよく飲まれているお酒としては、アニスなどの植物を使用したもの、カシスやフランボワーズなどの果物を使用したものが主流です。

代表的なアペロであるキールは、カシスと白ワインをミックスしたカクテルのようなお酒。

ビールやサングリア、りんご酒のシードル、モヒートなどのカクテルを選ぶ人もいます。

サングリアはスペインのお酒ですが、ワインにフルーツを漬け込んであり、女性にも人気が高い飲み物です。

ただし、カロリーは高めなので、要注意してください。

アペロによく合うおつまみとして人気なのが、カプレーゼやカナッペ、串焼きなど。

日本でいえば、お漬物や焼き鳥などが、該当するところでしょうか。

手の込んだものを用意する必要はなく、クラッカーやナッツなどでも十分に通用します。

オリーブをつまむ程度でも、OK。

要は、簡単に軽くつまめるものであること。

お腹をいっぱいにしてしまったり、手がかかるような調理が必要なおつまみは、アペロには不向きです。

味が濃すぎるようなおつまみも、控えておくのがよいでしょう。

その後の食事を楽しみにくくなってしまうため、薄味、あるいは中間程度の濃さのおつまみを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク


-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.