女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

芸能人バストアップ

浅田舞スケート引退後に豊胸?B→GカップUPに成功したバストアップ方法は?

更新日:

浅田舞さんと言えば、2000年代に日本の代表的フィギュアスケーターとして活躍されていた内の1人であり、現役を引退後はスポーツキャスターやタレントなどマルチに活躍されています。

そんな浅田舞さん、フィギュアスケーターの現役時代はあまり胸が大きい印象はありませんでしたが、引退後BカップだったバストがGカップになっていたりと、かなりの変貌を遂げています。

「豊胸施術をしたのではないか?」と話題を呼ぶほどの変化ではありますが、実は施術はしてないそうです。

そこで浅田舞さんが実際に実践されたバストアップ術について、まとめてみましたのでご紹介致します。

  スポンサーリンク

15キロもの体重増加

「本当にそれだけで大きくなるの?!」と驚かれる方も多いと思いますが、浅田舞さんはフィギュアスケーター現役の頃に15キロ増加したことで全体的に肉付きが良くなり、今までなかった胸周りにもお肉が付いたのだと話しています。

太った原因の一番の理由は、ストレスによる暴飲暴食が祟ったようです。

浅田舞さんと言えば、世界レベルで有名なフィギュアスケーターである浅田真央さんの姉である為、メディアからもよく妹と比較されることが多かったことから、かなりストレスを感じていたのだと話しています。

それが一気に体型に現れたことで、今まで引き締まっていた筋肉質なボディラインが一変して、女性らしい肉付きの良い体になったそうですよ。

この「太る」という現象により、バストアップが可能なのか調べたところ、バストを司る乳腺の1割は脂肪で出来ているそうなので、絶対的脂肪量が付いていないとどれだけバストアップマッサージを行なっても効果がないのだと言います。

浅田舞さんの場合も、スポーツ選手として魅力的なまでのスリムで筋肉質なボディラインは、女性の象徴である丸みや膨らみといった脂肪の量が足りなかったことが、貧乳に繋がっていたようですね。

体重が増えるとバストアップ効果がある?

3~5キロ体重が増加するに付き、1カップバストが大きくなると言われているので、3~4カップサイズアップすることは充分あり得るのだそうですよ。

なので、太ることはバストアップに最適な行為なんですが、自ら「太るぞ!」と意識して太るのは中々勇気がいることだと思います。

しかも、バストアップだけでなく全体的に太くなるので、抜群のプロポーションを手に入れるために相当な努力が必要になってきます。

浅田舞さんの場合、抜群のプロポーションを手に入れる為に食事制限や運動を取り入れる為に、かなりダイエットに励まれたそうです。

その結果、BカップからGカップという豊満なバストが手に入っただけでなく、メリハリのある女性らしいプロポーションを手に入れることが出来たのだそうです。

 

熱愛の噂は?

また浅田舞さんは、バストアップと同時に肌にハリが出てきたり、みずみずしさが出てきて益々綺麗に磨きがかかったと話題になっています。

2017年現在では熱愛報道も出ており、お相手は元バトン選手で現在はバトンワラーとして活躍されている渡辺翔史さんだと言われています。

2人は2016年3月に行われたマッスルミュージカルの共演がキッカケで、グッと距離が縮まり交際に発展したそうですね。

歳を重ねるごとに綺麗が増していく浅田舞さん。

今後の活躍にも期待が高まりますね。

まとめ

浅田舞さんのバストアップ術はいかがでしたか?

ポイントは一度太ることだという浅田舞さん。

中々太ることに抵抗がある方が殆どだと思いますが、どれだけバストアップの為にマッサージを行なったり、胸筋を鍛えてもサイズアップが見込めない方は、絶対的脂肪量が足りないということが言えるでしょう。

なので、太って脂肪量を増やすことがバストアップの近道になるのです。

 

スポンサーリンク


-芸能人バストアップ

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.