女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

ドラフトコーヒーはまるで黒ビール!?作り方とおすすめのカフェ

更新日:

coffee-1576552__340

ドラフトコーヒーとは?見た目は黒ビール!?

ドラフトというと、ビールや野球に関してよく聞く言葉です。

コーヒーとは縁がないようにも思えるドラフトですが、最近注目されているのがドラフトコーヒーなのです。

ドラフトとは、汲みだす、注ぐ、選ぶ、分けるといった意味を持つ英語。

まるでドラフトビールのように、サーバーから注いで泡がたっぷり乗ったコーヒーがドラフトコーヒーです。

窒素ガスを含ませながら注ぐことから、表面にふわふわの泡ができるのが特徴なのです。

ドラフトコーヒーはアメリカ発祥のアイスコーヒーで、見た目はまるで黒ビール。

のど越しが非常にマイルドで、クリーミーに感じられる味わいです。

普段はブラックコーヒーは無理という人でも、ドラフトコーヒーならミルクなしでいけるという人が増えてきています。

ドラフトコーヒーは、別名、アイスブリュードコーヒー、ニトロコーヒー、ニトロコールブリューコーヒーなどと呼ばれています。

ドラフトコーヒーはダイエット効果も?

adults-1853851__340

ドラフトコーヒーには、ダイエット効果もあるといわれています。

ドラフトコーヒーだからというわけではなく、そもそもコーヒーにダイエット効果があるといわれているのです。

ただ、コーヒーは苦手という人もいますから、ドラフトコーヒーならおいしく飲めるということになれば、毎日のダイエットに役立てられそうですね。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、脂肪燃焼を促す作用があります。

また、カフェインには基礎代謝をアップさせる作用があることから、太りにくく痩せやすい体質を目指せそうです。

カフェインを摂取してから30~1時間後には、交感神経が優位になるため、食欲がおさまって過食にセーブがかかります。

さらには、クロロゲン酸が血糖値の急上昇を抑制することで、糖の吸収を制限できます。

カフェインを摂取した直後には、副交感神経が優位になるため、腸内でぜん動運動が起こり、便秘の解消にも役立ってくれます。

ドラフトコーヒーの作り方

ドラフトコーヒーを飲めるお店は、日本ではまだほんの数店舗しかありません。

また、値段が高めなことからも、もっと普及してからとあきらめている方が多いかもしれません。

そこで、家庭でも実践できるドラフトコーヒーの作り方を紹介しましょう。

容易するのは、インスタントコーヒーと電動式泡だて器のみ。

電動式泡だて器は、100均ショップでも購入可能です。

作り方は、インスタントコーヒーに水を加えて、電動式泡だて器でミックスするだけ。

きめ細かい泡が立って、お店で飲むのと変わりないドラフトコーヒーを楽しめます。

砂糖やガムシロップを入れる場合は、インスタントコーヒーをミックスする前に加えておくと、一緒に混ざってよりマイルドな風味になります。

ドラフトコーヒーを自宅で楽しめるサーバー!?

もう少し本格的にドラフトコーヒーを楽しみたい場合は、市販のサーバーを用意してみる方法もあります。

ネスカフェゴールドブレンドアイスコーヒーサーバーは、ネスレ通販オンラインショップなどで購入できる専用サーバーです。

ネスカフェといえば、インスタントコーヒーでも老舗のブランド。

世界共通で親しまれているコーヒーですから、味にうるさい人をも納得させている信頼感があります。

ドラフトコーヒーにはまって、毎日でも飲みたくなったら、暑くなる季節に向けてサーバーを購入してみるのも便利ですよ。

ドラフトコーヒーが飲めるおすすめのカフェ

beverage-1840426__340

ここで、ドラフトコーヒーを飲めるおすすめのカフェを紹介しましょう。

メロウブラウン(MELLOW BROWN COFFEE)

まずは、UCCコーヒーが提供するメロウブラウン(MELLOW BROWN COFFEE)は、自由が丘を本店として、さいたま新都心や京都などにも支店を展開しているカフェです。

お好みのコーヒー豆を選ぶと、プチスイーツが付いてくる気の利いたサービスも人気の秘密です。

ドラフトコーヒーは、クラシックなスタイルのサーバーからコーヒーが注がれる様子を見るのも楽しみです。

グリーンベリーズコーヒー(Greenberry's COFFEE)

兵庫にあるグリーンベリーズコーヒーは、アメリカで1960年代に生まれ、日本に上陸したカフェです。

こちらでのドラフトコーヒーは、ニトロコーヒーという名で出されています。

ドリップエックスカフェ(Drip-X-Cafe)

新大阪駅構内にあるカフェです。

JR西日本フードサービスが提供しているカフェで、駅構内にあるオープンな雰囲気が多くの人から人気を集めています。

アイスブリュードコーヒーと呼ばれるドラフトコーヒーは、ワイングラスのようなオシャレなボトルで提供されるのが魅力。

テイクアウトも可能ですから、移動の際に楽しめそうですね。

ヴァーヴコーヒーロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)

VERVE COFFEE ROASTERSは、アメリカカリフォルニア州に本店を置くカフェです。

新宿や渋谷に店舗があり、ドラフトコーヒーはニトロブリューという商品名で出されています。

ニトロブリューにバニラアイスを乗せた、ニトロフロートも大人気です。

-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.