女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

1年中使えるガーゼケットは赤ちゃん用も大人気!?タオルケットとの違いと効果は?

更新日:

tim-bish-171738
ガーゼケットをご存知ですか?

夏場にはうれしいアイテムなので、使用しているという方もいるかもしれません。

しかしこのガーゼケットは赤ちゃんにもオススメなんです。

更に夏場だけでなく1年中使えるといううわさが!

実際のところどうなんでしょうか?ガーゼケットについて調査しました♪

ガーゼケットとは?

暑くなってくると、恋しくなるのがタオルケットです。

じめじめし始める梅雨の時期から、布団や毛布をタオルケットに変える方も多いのではないでしょうか。

衣替えと同じように、寝具も季節ごとに快適なものにすることが健康のため。

最近では、タオルケットに加えて、ガーゼケットも注目されています。

タオルケットがタオル地で出来た寝具なら、ガーゼケットはガーゼで出来た寝具のこと

従来は、赤ちゃん用の小型のタイプが多かったのですが、最近では大人が使えるようなサイズのガーゼケットも出てきています。

通気性や吸水性がよいガーゼを使った寝具は、汗をかきやすい夏場にピッタリの素材。

タオルケットもいいけれど、ガーゼケットも試してみる価値ありです。

ガーゼケットとタオルケットの違いは?

bekah-russom-232003

ガーゼケットとタオルケットでは、特に夏場に重宝しそうな素材の寝具という共通項があります。

ところが、実際には、ガーゼケットとタオルケットでは、素材以外にも決定的な違いがあるのです。

それは、ガーゼケットが一年中でも使えるのに対して、タオルケットは主に夏場に使用する寝具であること。

どちらかといえば、吸水性が高いのはタオルケットで、ガーゼケットは通気性はよいものの、保温性を得るために重宝するというのも特徴的です。

ただ、タオルケットも冷えを解消してくれる面を持っているため、上手に使い分ければ、家に両方あっても便利です。

ガーゼケットおすすめはコレ!

ここで、おすすめのガーゼケットを4選、紹介しましょう。

便利なマルチブランケット 3重ガーゼ

ベビーの防寒やポンチョとして着せたり、日焼け防止にもなる!

マルチに活躍してくれる3重ガーゼになります。

オーガニックコットンで出来ており、お子様に安心してお使いいただけます。

出産ワ祝いにもおススメです。

今治

今治 ふんわり5重ガーゼケットは、5層構造になっているのが特長。

肌に触れる2面は、細い糸を使い、内側の2~4枚目には、太目の糸を使うことで通気性と柔軟性が出ています。

織るときには、タオル織り機が使われ、1回で5層を織っているのがすごいところ。

四国タオル工業組合が定める、独自の認定基準に合格した商品に付与されるブランドマークがついています。

ロフテー

ロフテー ガーゼのケットは、通販生活で作家の小川洋子さんが愛用していると公言していることでも話題。

汗をかいても一晩中サラサラを保ってくれるのが特長で、医療用にも使われるほどのガーゼが選ばれているのが持ち味です。

無印

無印の三重ガーゼケットは、オーガニックコットンを使用した低刺激な素材。

渋めのカラーで、どんな年代にも愛用されやすい品です。

ガーゼケット赤ちゃん用人気はコレ!

赤ちゃん用のガーゼケットも、人気の商品を4選、紹介しましょう。

Lucear

ガーゼふわふわ

Lucear 6種ガーゼベビーケットは、100×100cmで、赤ちゃんサイズとしてちょうどよいガーゼケット。

特別なハニカムエンボス加工が施され、吸収速度が一般的なガーゼケットの3倍あり、赤ちゃんを暖かく保温するのに役立ちます。

BOBO

ガーゼbobo

BOBOは、これぞガーゼという、やさしい肌触り。

赤ちゃんの肌がけに適度なサイズで、角にフリンジが付いているのが特徴です。

ScribbleScrabble

ガーゼスクラ

ScribbleScrabble(スクリブルスクラブル)は、おくるみにちょうどいいサイズのガーゼケット。

NYを中心に活動するイラストレーターによるプリントと、6重構造のしっかりした優しさが特長です。

ペコリッペ

ガーゼペコ

ペコリッペは、とことん柔軟性にこだわった8重構造のガーゼケット。

やさしい柄と色合いのプリントも魅力的で、洗濯するたびに生地がふわふわになっていきます。

ガーゼケットのお手入れ方法

jason-briscoe-156649

ガーゼケットは、自宅でも簡単に洗濯可能です。

中性洗剤や洗濯用石鹸を使い、ネットに入れてから洗濯機に投入すればOK。

十分にすすいで脱水したら、形を整えて干しましょう。

漂白剤は、避けておくのが賢明。

タンブラー乾燥も、生地を傷めてしまう恐れがあるため、干したほうがよいでしょう。

干すときは、お日様の光にあてることをおすすめします。

強くたたくと繊維が傷んでしまう可能性があるため、気を付けてください。

頻繁に洗濯をしなくても、月に2~3回は定期的に日当たりのよい場所にガーゼケットを干すと、ガーゼケットの湿気がとれて快適に使えます。

ただし、あまりに日干しをし過ぎるのも、生地の傷みの原因になりかねません。

-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.