女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

水出しコーヒーはお家でも簡単に美味しく作れます!入れ方やおすすめの豆を紹介

更新日:

coffee-break-1291381__340

コーヒーにこだわって楽しむ人が増えて、コーヒーショップでも様々な飲み方が提案されています。

そんな中、話題となっているのが水出しコーヒー。

暑い季節には飲む人が増えるアイスコーヒーの中でも、コールドブリューと呼ばれるのが水出しコーヒーです。

コーヒーをお湯で淹れるのではなく、水から作るアイスコーヒー。

時間がかかるものの、甘みや柔らかな味に人気が集まっています。水出しコーヒーについて、紹介しましょう。

スポンサーリンク

水出しコーヒーコールドブリューコーヒーとは

水出しコーヒーは、別名をコールドブリューコーヒーと呼ばれています。

数年前からアメリカでブームになり始めていますが、実は昔から水出しコーヒーは存在しています。

おしゃれなカフェなどでは、コールドブリューコーヒーとして出ていますが、水出しコーヒーにこだわって古くから出しているコーヒー店などもあるのです。

12~24時間ほどもかかる水出しコーヒーは、通常のアイスコーヒーとは風味が全く異なります。

コーヒー好きではない人にまでおいしく感じられる違いは、飲んだ人にだけわかるのです。

水出しコーヒーとお湯でのコーヒーの違い

通常、コーヒーを豆から淹れるときには、挽いた豆にお湯を通します。

フィルターを使ってコーヒーを淹れる人がほとんどで、コーヒーにお湯を注いだらすぐに下の容器にできあがったコーヒーが出てくる仕組み。

これを冷やして氷を入れれば、アイスコーヒーの出来上がりです。

一方、水出しコーヒーの場合は、挽いたコーヒー豆の中に水を投入。

逆でもよいのですが、とにかくコーヒー豆と水を一緒に混ぜるのです。

それから時間をおいて水がコーヒーへと変わったところで、ろ過します。

そこに氷を入れれば、水出しコーヒーの出来上がりです。

水出しコーヒーの味って?(良質な甘みと柔らかい苦味が特徴)

AdobeStock_69832554

水出しコーヒーは、時間をかけて水からコーヒーの味や香りをしみ出させる作り方。

これにより、甘みがほどよく、苦みがやわらかい特徴のコーヒーが出来上がります。

アイスコーヒーとして飲むだけでなく、温めてホットで水出しコーヒーを楽しむことも可能。

いずれにしても、コーヒー本来の風味を堪能できるのが水出しコーヒーなのです。

スポンサーリンク

水出しコーヒーの入れ方

水出しコーヒーは、専門的な道具を使わないと淹れられないようでいて、身近にある道具でも簡単に作れるのが魅力です。

簡単なのは、麦茶を作るときのような容器に水を入れて、そこへ挽いたコーヒー豆を詰めたフィルターを入れる方法。

こうすれば、後でろ過する手間を省けます。

水は、常温でOK。

これを冷蔵庫で12~24時間も冷せば、自然とおいしい水出しコーヒーが出来上がります。

冷蔵庫で冷やしながら作れば、飲むときに氷を入れなくてもいいので、コーヒーが薄まってしまう心配もありません。

水出しコーヒーにお勧めの豆

aromatic-1868978__340

水出しコーヒーには、おすすめのコーヒー豆があります。

お好みのコーヒー豆でもよいのですが、まずは水出しコーヒーに向いているといわれる豆で試してみませんか?

おすすめは、深煎りのコーヒー豆

水出しコーヒー専用のコーヒー豆もあり、使ってみたいところです。

たとえば、ブラジル・グアテマラ・モカ・マンデリンなどは、一度は飲んでみてほしい水出しコーヒーです。

浅煎りのコーヒー豆をおすすめできない理由は、酸味が出て青臭くなりやすいから。

深煎りなら、甘みやいい感じの苦みを感じられて、水出しコーヒーにピッタリなのです。

ブラジル

ブラジルは割とあっさりめで、クセが少ない味わい。

マンデリン

逆に、マンデリンは、深いコクとやわらかい苦みが特徴で、カフェオレにも向いています。

モカ

モカは甘みとコクが強いのですが、フルーティーな酸味も特徴です。

グアテマラ

グアテマラは、酸味が上品で、甘みを感じやすいのがおいしいコーヒーです。

スポンサーリンク


-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.