女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

マネー

家計簿を簡単に付ける方法を伝授!忙しい主婦の方必見!

投稿日:

家計を管理するのに効果的な家計簿は、つけている人とつけていない人に分かれます。

しっかりつけるようにすると、家計の節約になったり、計画的にやりくりできるのがメリットです。

とはいえ、面倒なのが家計簿のネックです。

そこでここでは、家計簿を簡単につける効果的な方法について紹介します。

家計簿をつける理由とは?

家計簿をつける代表的な理由の一つが、家計の状態をきちんと把握することです。

収入を何となく使っていると、必要な出費とはいえ知らぬ間にドンドンお金が出ていってしまいます。

出費には、必要なレベルもあるはず。

それほど重要でもない出費を優先してしまったことで、最も必要な費用のためのお金がなくなってしまうということになったら大変です。

いざというときに困らないように、計画的にお金を使うようにするためには、入出金の管理をするのが基本です。

家計簿をつけ始めると、何日にお金がどのくらい入ってきて、いつ何にどのくらいの出費があるのかが一目瞭然になります。

後でうろ覚えの記憶を引っ張りだして、お金の管理をするよりは断然安心で経済的です。

実際、家計簿をつけてから節約できたという体験をしている人も多いのは見逃せません。

ここは出費を抑えよう、使いすぎているということがすぐにわかるので、計画的に節約や貯金が可能になります。

簡単に家計簿を付ける方法!

家計簿をつけると節約や貯金がしやすくなるとはいえ、いざつけようとなると面倒になるものです。

実際につけ始めてみても、三日坊主になったり、思ったより時間がかかることでやめてしまう人もいるようです。

簡単に家計簿をつける方法について、見ていきましょう。

用意するもの

市販の家計簿を買ってもよいのですが、それすら出費と思える場合は通常のノートやメモ帳でも構いません。

とにかく、筆記できる紙とペンを用意して、レシートを貼り付けるためのノリやセロテープも準備しましょう。

好きなカラーや柄にしたり、かわいいものにしたり、自分のモチベーションが上がる道具にすると、家計簿をつけ続けるのに効果的です。

何しろ家計簿は続けることに意義があるので、あまりお金をかけなくても目に入ったらいじりたくなるような見た目のものにするのがよいでしょう。

レシートを見ながら貼っていく

買い物や外食などにお金を使ったら、必ずレシートをもらって取っておくようにします。

家計簿のノートには、レシート全体が見えるように貼り付けてください。

スペースを節約するために、レシートを重ねて貼るなどは避けましょう。

その意味では、ノートはA4以上のサイズのほうがよいかもしれません。

レシートを家計簿に貼って見直してみると、無駄な買い物をしているなどが一目でわかります。

ここは出費を抑えられると思うレシートがあったら、赤ペンなどでチェックをつけておくのもよいでしょう。

レシートは、項目別に貼り付けるのも効果的です。

ただ、最初はスペース配分がわからず、ノートを無駄に使ってしまうかもしれません。

最初のうちは、項目を無視して貼り付けつつ、慣れてきたら配分を考えて項目別にレシートを貼るようにしてもよいでしょう。

その頃には、段々と計画的な出費ができるようになっているはずです。

もちろん、

食費・高熱水道費・教育費・住居費

などの基本的な項目は、最初から分けておくようにしましょう。

エクセルで家計簿をつける場合

紙のノートで家計を管理するのは、場所もとるし面倒という場合は、エクセルなどの表計算ソフトで家計簿をつけてもよいでしょう。

家計簿専用のソフトを使うのも、アイディアです。

アプリを利用すれば、移動中や空き時間などにも家計簿をつけることができます

いつも時間がなくて家計簿をつける時間がないという場合は、このようにいつでもできるようなアイテムを活用すると便利です。

PCやスマホなどで家計簿をつけるようにすると、面倒な計算を自動でしてくれたり、カラフルな配色にしたりすることができます。

入力する項目が多くても、手で筆記するより簡単と感じる人もいるでしょう。

文字が整っていて見やすいというメリットもありますから、お好みで選んでみてください。

家計簿アプリも登場!

パソコンでの管理のときに少し紹介しましたが、携帯電話やスマートフォンのアプリを使って家計簿をつけるのもおすすめです。

メリットは、いつでもどこでも記入やチェックが可能なこと、家族で情報共有しやすいこと、見やすくて管理がしやすいことなどがあげられます。

便利な家計簿アプリになると、レシートを自動で読み取ってくれるようなタイプもあります。

これなら、レシートをノートに貼り付ける時間はもちろん、いちいち金額や項目を手入力する必要がなくなります

レシートがたまってくると、入力が面倒になって家計簿をつけるのを断念しそうになります。

その点、レシートの自動読み取り機能があれば、その日のうちにアプリに読み込ませておけば簡単に継続しやすくなります。

-マネー

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.