女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

食べるオリーブオイルの活用法!料理が美味しくなる使い方を解説!

更新日:

gahag-0011976586-1オリーブオイルには、美容や健康に様々なメリットがあると知られてきました。中でも代表的なのが、コレステロールの低下作用です。

これにより、ダイエットに成功したという口コミも多く、使う油をオリーブオイルに変えたという人も珍しくありません。

抗酸化作用や整腸作用、美肌作用もあるとされ、オリーブオイルを摂っていれば理想の体型や健康状態を保てそうに思えてきます。

そんな夢のようなオリーブオイル、地中海地方では飲む健康法もあるといいますが、さすがに飲むのは抵抗があるという日本の方が多いようです。

また、油は油ですから、摂り過ぎるが心配でオリーブオイルをどう調理に活かすか悩む人もいるでしょう。

そこで注目され始めたのが、食べるオリーブオイルなのです。食べるオリーブオイルとは、食べるラー油のオリーブ版のようなもの

オリーブオイルにオリーブの実やにんにく、ちりめんじゃこなどを漬け込んだ加工品を指します。

スポンサーリンク

食べるオリーブオイルの使い方

食べるオリーブオイルは、そのままごはんにかけて食べても、パンに塗って食べても目を剥くほどのおいしさ。

また、パスタや野菜炒めに混ぜてみるのも、よいでしょう。

ドレッシングとして野菜にかけても抜群に美味ですし、スープなどの汁物の塩分を減らして食べるオリーブオイルを仕上げにかけてみても一味違ったおいしさを味わえます。

餃子やしゅうまいなどのタレとして使ってみるのも、おすすめです。

食べるオリーブオイルの効果!コレステロールを下げダイエットにも!

1rm9glhv0ua-brooke-lark

食べるオリーブオイルは、健康や美容に良いとされるオリーブオイルを食べやすくした食品。

オリーブオイルの元であるオリーブの果実も加えてみれば、オイル以上にフレッシュな栄養成分を摂取できそうです。

オリーブオイルがなぜコレステロールを低下させる作用を持っているのかといえば、オレイン酸に秘密があります。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させるといわれているのです。

痩せているように見えて、実は内臓脂肪がたっぷりついていたという人にも、オリーブオイルダイエットは効果が出そうですね。

因みに、オレイン酸は、満腹中枢に働きかけるともいいます。

そのため、食前にオリーブオイルを摂っておけば、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

食べるオリーブオイルを自分で作ってみよう!

食べるオリーブオイルは、市販の商品も販売されていますが、自分で作るのも簡単です。

何しろ、オリーブオイルに材料を漬けるだけ。

普段料理をしない人でも、自慢の食べるオリーブオイルを作れてしまいます。

材料は、オリーブオイルとにんにく、唐辛子、しょうが、ちりめんじゃこ、塩・こしょう、砂糖などが基本。

にんにくとしょうがはみじん切りにして、フライパンでオリーブオイルと炒めたら、残りの材料を入れて味を調えて完成です。

悩んだらこれ!食べるオリーブオイルのおすすめ商品

食べるオリーブオイル、市販の商品でどれにしようか迷ったら、オリーブオイルが新鮮なタイプを選んでみるとよいでしょう。

小豆島 食べるオリーブオイル

食べる

例えば、日本のオリーブ産地として有名な小豆島で作られている食べるオリーブオイルなどはいかがでしょうか。

DHC 食べるオリーブオイル

DHC食べる

最寄りで買い求めやすいといえば、DHCからも食べるオリーブオイルが出ています。

オリーブオイルも油ですから、長期間が経過すれば酸化してきます。酸化したものを食べれば、体にあまりよくないのは当たり前。

なるべくフレッシュで、しかも人気で売れている商品を選べば、健康や美容効果への期待が高まりそうです。

人気のある食べるオリーブオイルは、口コミでもよく紹介されています。もちろん、味や値段も重視してくださいね。

スポンサーリンク



-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.