女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

スタンプも色鉛筆も消せるフリクションペンにはデメリットもある!?

更新日:

colored-pencils-402546__340

フリクションペンとは?

フリクションペンは、パイロットから出ている話題の筆記具です。

消せる筆記具と呼ばれており、書いては消し、書いては消しを繰り返すことができます。

消える仕組みは、温度変化。書いた後に付属のラバーで消すと、摩擦熱によって書いたものが消えます。

インク自体が熱を加えられると無色になる性質を持っているので、修正液や修正ペンを用意する必要はありません。

しかも、フリクションペンには様々なシリーズが揃っており、カラーも豊富です。

消えてしまっては困るようなものには使えませんが、これまでの常識を覆す筆記具といえそうです。

フリクションペンを使うメリット

フリクションペンには、数え切れないほどのシリーズが出ています。

それだけ人気のある筆記具なので、メリットもいろいろあります。

まずは、温度変化で筆跡が透明化するのが画期的です。

消したい部分をこすれば消えるので、書くものを間違えたときなどに重宝します。

これまでは修正液や修正ペンを使って消していたところ、フリクションペン1本あれば書くのも消すのもお任せ。

おまけに、消したあとにまた書き直すことができるのも、フリクションペンならではです。

もう1つのメリットは、消しカスが出ず、消し残りが少ないこと。

こするだけで消しカスなしで書いたものが消えるのは、便利です。

何度でも書き消し可能なのも、フリクションペンの特徴の1つ。

修正液で消すと上に重ねにくいペンもありますが、フリクションペンなら消したあとに書き直すことが可能です。

フリクションペンを使うデメリット

こすると、摩擦熱によって書いたものが消えてしまうフリクションペン。

とても便利なようでいて、一部にはデメリットもあります。

例えば、公式な文書にフリクションペンを使うと、うっかり大事な文書が消えてしまう恐れがあるので適していません。

フリクションペンにはたくさんの種類があり、公式文書にも書けるようなタイプのペンもあります。

しかし、万が一消えてしまったらのことを考えれば、使わないでおくのが賢明なのです。

フリクションペン以外のラインナップ!?

stamp-867712__340

フリクションペンには、サインペンやボールペン、蛍光ペンなどのシリーズがあります。

いずれも、一度書いたら修正液でも使わないと通常は消えない筆記具です。

他にも、フリクションペンには色鉛筆タイプが出ています。

キッズデザイン賞を受賞しているこちらは、お尻に付いているラバー部分をこすると書いたところが消えます。

フリクションイレーザーは、フリクションシリーズの専用イレーザーです。

フリクションペンにはペン自体にイレーザーが付いているのですが、フリクションイレーザーを使えばより広い範囲を一気に消すことができます。

可愛いスタンプタイプのフリクションシリーズは、押したスタンプをラバー部分で消すことができる商品です。

印面デザインは60種類もあるので、お気に入りやよく使うものを見つけられそうです。

フリクションペンの使い方

office-620817__340フリクションペンは、ペン部分で好きな文字や絵を書き、同じペンに付いたラバー部分で書いたものを消すことができます。

書くものを間違えたらラバーでこすれば、きれいに消えてくれます。書き直しも、すぐにその上から重ねればOK。

消しても紙がボコボコしないので、気軽に何度も消しては書き、消しては書きと繰り返せます。

ペンから他のものに持ち帰る必要もなく、書いたり消したりできるので、筆記をする際の時短にもなりますね。

色鉛筆画を描くときやスケジュール帳にスタンプを押すときなどにも、フリクションシリーズを使えばとても便利です。

何しろ一度筆記したものを消して、またすぐに別のものを筆記できるので、作業を中断させられることがありません。

スポンサーリンク


-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.