女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

いよいよ始まる?!ローソンのレジ無人化!すぐに使える買い物方法

更新日:

日本国内のコンビニエンスストアと言えば24時間営業ですが、常に人手不足の問題を抱えています。

この問題を解消するために、大手ローソンが打ち出した方法が、レジの無人化です。

ローソン無人化とは

ローソン無人化とは、その名前の通り店内を無人化し、買い物から支払いまで利用者が全て行うというものです。

人手不足が深刻化しているコンビニエンスストアの経営において、画期的で新しい方法として注目を集めています。

レジ無人化での良い点悪い点

無人化の最大のメリットは、人件費削減と人手不足の解消です。

24時間営業のコンビニは常に人員募集をかけている店舗も珍しくなく、また深夜の営業となると自給が上がり、経営者側にとって大きな負担となってしまいます。

レジを無人化することで人件費は大幅にカットすることが可能で、経営のための人員も最低限で済みます。また、レジを無人化することで込み合う時間帯もスムーズな買い物ができます。

デメリットは、エラーが出た時の対処です。レジの無人化は全て機械により行われますが、機械の故障や操作方法のミスにより、何らかのエラーが発生した場合、場合によってはかえって買い物に時間がかかってしまいます。

ローソン無人化での買い物に必要なアプリ

ローソンの無人化にはアプリのダウンロードが必要となります。現在テスト運用中のこのアプリは、セルフ決済専用の機能を持っている「ローソンスマホペイ」と呼ばれるおのです。

実証実験、利用状況などの検証を行い、2018年の下半期以降に全国展開をする予定となっています。

ローソンレジ無人化の買い物方法

無人化ローソンレジでの買い物方法は簡単です。

まず、アプリを起動させ、購入する商品のバーコードを読み取ります。購入する商品をすべて読み取ったら、退店時にQRコードが表示されるので、専用の読み取り機にかざして終了です。

ローソンレジ無人化での支払い方法

購入する商品の支払い方法は、退店前のQRコード表示前に選択可能です。

現在対応しているのが、楽天ペイ、Apple Pay、クレジットカード支払いの3種類です。いずれかの方法を選択し、退店QRコードを読み取ったら買い物は終了です。

店舗での現金のやり取りは一切なく、選択した支払い方法で請求されます。

ローソン無人化万引きや窃盗の問題はある?

無人化において一番気になるのが、万引きや窃盗です。人の目がない無人の店内では問題発生のリスクが高まるのでは、と思われます。

そこでローソンが導入したのが、認証装置です。出入口に設置されているこの機会は、無人化ローソンで商品を購入するために必須のアプリ利用者だけが入店できるように設定されています。

アプリ内では、購入から退店まで一括管理されているので、万引きや窃盗が起こる可能性は今のところ低いと思われます。

現在はテスト運用中ですが、全国導入を行えば逆に万引きや窃盗が減るかもしれません。

ローソン以外にもレジ無人化を進めている所

ローソン以外にも、コンビニのレジ無人化を進めているところはあります。

国内大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズの5社がレジ無人化を進めており、2025年までに全店舗で取り扱う商品に各社共有のICタグを取り付け、レジの無人化を実現させようとしています。

レジ無人化は経済産業省も促している事業で、現在問題となっているICタグの生産コストについて、企業への補助金の支給を視野に入れています。

また、レジ無人化は新しく導入する機械類が多く、各社の投資額も巨大なものとなる見込みです。

24時間営業のコンビニは世界的に見て珍しいものですが、十年後にはレジや店員が消え、完全に無人化となる新しい形のコンビニが日本の「当たり前」になるかもしれません。

-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.