女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

食べても痩せる冷ご飯ダイエットのやり方@満腹効果も手に入る美味しく続けるテクニックとは

更新日:

plain-cooked-rice-1583098_960_720

スポンサーリンク

冷ご飯ダイエットとは

メディアでも話題の冷ご飯ダイエットは、冷ご飯を食べることで痩せられるとされているダイエット方法です。

通常、ダイエットといえば、炭水化物抜きが当たり前。

ですが、その炭水化物抜きが難しいから、ダイエットに失敗したり、リバウンドしてしまうのですよね。

その点、冷ご飯ダイエットでは、冷えているとはいえ堂々とご飯を食べてよいのが特徴です。

同じご飯の量を食べても、温かいご飯と冷ご飯とではカロリーからして違います。

ご飯は、冷やすことによってレジスタントスターチというでんぷんに変化するため、吸収がされにくくなるのです。

そのため、ご飯を食べてもすぐに脂肪になりにくいというわけです。

消化吸収がゆっくり行われるということは、腹持ちもよく、食べ過ぎずに済むということ。

すかさずエネルギーを消費するように努めれば、余計な脂肪にしないうちに食べたものをエネルギーとして使ってしまうこともできます。

ところで冷ご飯って美味しい?

でも、冷ご飯は味が落ちておいしく感じないのでは?と懸念する人もいるでしょう。

冷ご飯がまずいと思うのは、頭でまずいと考えているからかもしれません。

現代のお米は、安いものでも昔よりかなり品質が向上しています。

そのため、冷ご飯でも十分に味がよいといっていいでしょう。

温かいご飯よりも噛みしめて味わう楽しみがあり、そのぶんお米の甘みを感じることができます。

冷ご飯ダイエットの効果@脂肪になりにくい?!

冷ご飯ダイエットの効果は、簡単にいえば食べたものが脂肪になりにくいということです。

ご飯は、冷えることによって、炭水化物がレジスタントスターチというでんぷん質へと変わります。

これにより、同じ一膳のご飯でも、温かいものより冷たいもののほうが低カロリーになるのです。

血糖値が急上昇しないことにもつながり、脂肪を増やしてしまうインスリンの分泌を抑えてくれるのもキーポイントです。

また、大腸や小腸にすぐに吸収されにくくなるため、糖や脂肪の吸収を抑えられます。

冷ご飯のほうがよく噛んで食べることになり、腸内環境を整える作用もあります。

また、よく噛んで食べることから、空腹を感じにくさせてくれるのもポイント。

空腹感をおさえるポイントは、レプチンという物質が分泌されることにも関係しています。

スポンサーリンク

成功しやすい冷ご飯ダイエットのやり方

pot-544071_960_720
とはいっても、冷ご飯ダイエットなんて本当に成功するのかな、と心配している方もいるでしょう。

冷ご飯ダイエットを成功させるためには、いくつかのコツがあります。

まずは、3食すべてを冷ご飯にするのではなく、1日1食程度を冷やごはんにしてみることをおすすめします。

もちろん、冷ご飯が大好きという方は、3食冷ご飯にしてもかまいません。

冷ご飯を作るには、ご飯を炊いてから自然に冷ますのがよいでしょう。

炊飯器の中で、保温を切って置いておいたご飯が一番です。

そのまま、おにぎりにするなどのアレンジもOKです。

外でも冷ご飯を食べたいという方には、おにぎりがピッタリですね。

最近では外出先でおにぎりを温めたりできる環境が整っていますが、あえて冷ご飯のままで食べるとダイエットになりますよ。

良く噛むことも重要ですから、決して早食いしないように注意しましょう。

冷ご飯ダイエットにに使える美味しく食べる冷ご飯レシピ

冷ご飯ダイエットをしたいけれど、冷ご飯はやっぱり食べにくいという方は、アレンジしての利用をおすすめします。

例えば、おにぎりなら、ご飯が冷えていても抵抗がないのではないでしょうか。

外出先におにぎりを作って持っていったとき、温めなくてもおいしく食べられますよね。

自宅でも、おにぎりにしておいて冷ご飯を食べると、冷ご飯ダイエットをしやすいですよ。

冷やし茶漬けも、冷ご飯ダイエットに良いメニューです。

お茶をかけたら、冷ご飯ではなくなってしまうのではないかと思うかもしれませんが、お茶も熱くないものをかけるのです。

なかには、水をかけてご飯を食べるという人もいますが、それは好み次第です。

酢飯にして食べるのも、アイディアです。

スポンサーリンク


-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.