女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

寒さが痩せる要因?ベージュ脂肪細胞の増やし方とダイエット効果は?

更新日:

_b-rkqncne-autri-taheri脂肪といえば、肥満の元とイメージされるのが普通です。

ところが脂肪にも様々な種類があり、中には生きていくために必須の脂肪もあるといわれています。

特に、ベージュ脂肪細胞は、活性化させるとダイエットに役立つという脂肪です。体脂肪である白色脂肪細胞とは異なり、脂肪を分解して熱エネルギーを生むことができます。

肥満の元である白色脂肪細胞の中にあり、全身に分布しているうえ、白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変えることもできるといいますから、期待が高まりますね。

ベージュ脂肪細胞増加の効果

mngaalewep0-emma-simpson

ベージュ脂肪細胞は、運動することによって熱を発すると増えていきます。

また、寒さを感じることでも増えるのが、ベージュ脂肪細胞の特徴です。

19度以下の冷たさを感じるのが効果的とされていますから、冬などに寒いと感じて身体を温めようとするだけでも、実はダイエットの効果がありそうなのです。

その秘密は、イリシンというホルモンが関係しているようです。寒さを感じる季節に、ウォーキングやジョギングなどの運動をして身体を温めることは、ダイエットに大きな貢献をしてくれるでしょう。ただ、寒い季節には事故なども起こりやすいため、あまり無理はしないように気を付けてください。

因みに、ベージュ脂肪細胞が増加すると、ダイエットに効果的なだけでなく、痩せやすい体質にもなるといわれています。

スポンサーリンク

ベージュ脂肪細胞と褐色脂肪細胞の違いは?

脂肪には大きく分けて3つあり、肥満の元となる蓄積されていく白色脂肪細胞の他、ベージュ脂肪脂肪、そして褐色脂肪細胞があります。

もともとは白色細胞と褐色脂肪細胞が知られていたのですが、最近になってハーバード大学でベージュ脂肪細胞が発見されたのです。

褐色脂肪細胞も脂肪を燃焼させてくれる細胞として注目されていましたが、いかんせん加齢に伴って減少してしまうのがネックです。

その点、ベージュ脂肪細胞は加齢によって減少することもなく、努力次第で増やすことが可能なのがメリットです。

褐色脂肪細胞ほどの脂肪燃焼効率はないともいわれていますが、年を重ねて褐色脂肪細胞が減ったときでも、努力でベージュ脂肪細胞を増やせると思うと安心です。

因みに、褐色脂肪細胞はミトコンドリアによって脂肪燃焼が行われるのですが、ベージュ脂肪細胞の場合はイリシンというホルモンが脂肪を燃焼させます。

ベージュ脂肪細胞の増やし方

それなら、ベージュ脂肪細胞を頑張って増やしたい!と思った方に、ベージュ脂肪細胞の増やし方を紹介しましょう。

まずは冷感刺激ですが、19度以下の冷たい温度に身体をさらすのが効果的です。

とはいっても、寒中水泳や寒い日に水風呂に入るなどの行為はリスクも伴います。

冬場に身体を動かして運動するくらいが、妥当な冷感刺激ではないでしょうか。

もう1つの方法は、食べ物で刺激を与えることです。

こちらは簡単で、ピーマンや唐辛子などに含まれるカプシエイトという成分をとったり、オリーブに含まれているオレウロペインなどを摂取すればよいだけです。

辛いものが苦手な方でも、おつまみなどにオリーブを食べれば、ベージュ脂肪細胞を増やすことが可能でしょう。

まとめ

脂肪を効率よく燃焼してくれる、ベージュ脂肪細胞。努力で増加させることができるので、ダイエットも頑張れば成果が必ず出るのだと励みにできそうですね。

褐色脂肪細胞と違って、何歳になっても増やせることから、中年以降のダイエット方法としても覚えておきたいポイントです。

スポンサーリンク


-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.