女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ヘルス

簡単美ケア!パプリカパウダーを振りかけるだけで美容成分がとれるって知ってる?

投稿日:

AdobeStock_35627240

パプリカパウダーとは、赤トウガラシを粉末にしたスパイスのこと。

ただし、トウガラシといっても、辛みの強い種類ではありません。

スーパーでもよく見かけるようになった、大振りの赤いピーマン。

日本で売られているものは甘いものが多いものの、実はパプリカにはいろいろな味の種類があるのです。

ここでは、パプリカパウダーの栄養素や使い方、効果、パプリカパウダーを使ったレシピなどを紹介します。

スポンサーリンク

パプリカパウダーとは

glass-containers-1205652_960_720

パプリカパウダーは、赤トウガラシの一種であるパプリカを粉末にしたスパイス。

見た目には辛い赤トウガラシにそっくりですが、実は辛みは全くないといってもいいほど感じません。

パプリカパウダーはハンガリーではよく用いられているスパイスで、ハンガリーでは、パプリカパウダーと使った有名なシチューなどもあるほど。

ビタミンCが豊富なパプリカですが、実はビタミンCはパプリカから発見されたという説もあります。

隠し味として用いられる他、パプリカパウダーがないと作れない料理もあり、ハンガリーでは一家に1ビンというくらいの欠かせないスパイスなのです。

パプリカパウダーの持つ栄養素

パプリカパウダーの素であるパプリカには、ビタミン類が豊富です。

特に多く含まれているのが、ビタミンC。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける力があり、ビタミンCなくしてはコラーゲンが生成されません。

鉄分の吸収をアップする作用もあるため、貧血気味の女性にもおすすめです。

パプリカのビタミンCは、熱に強いのが特徴。

これはビタミンPの作用のおかげで、ビタミンPのアンチエイジング作用も得られるのがパプリカのメリットです。

ビタミンB2による脂肪燃焼効果は、ダイエットしたい人にも役立ちそうですね。

真っ赤な色からわかるように、色素が多く含まれているのもパプリカパウダーの特徴。

リコピンと同程度の抗酸化力を持っていることは、見逃せません。

パプリカパウダーの使い方

パプリカパウダーは、ハンガリーでは頻繁に使われています。

スープやシチュー、カレーなどをはじめ、肉料理から魚料理、サラダなど、あらゆる料理にふりかけられているといってもいいほど。

これは、パプリカパウダーが、どんな食材とも相性がよいからなのです。

ハンバーグにパプリカパウダーを混ぜ込むのもよしで、風味がグンとよくなります。

パプリカパウダーは、チリパウダーにも含まれており、より刺激的なスパイスになるものの、パプリカパウダーの代用にチリパウダーを使うことができます。

スポンサーリンク

パプリカパウダーの効果はどのくらいで得られる?!

パプリカパウダーの効果が出るまでの期間は、人によって異なります。

食べ物に含まれる栄養成分が効果として現れるだけに、目に見えて効果を感じられないということもあるかもしれません。

気が付いたら、何だかきれいになっている、調子がいいというような効果の出方が多いでしょう。

パプリカパウダーを使った美味しいレシピ

goulash-1696586_960_720

パプリカパウダーを使った簡単なレシピとして、たこのガルシア風があります。

たこのガルシア風

たこを蒸し煮、あるいは蒸してあるたこを買ってきて、食べやすい大きさに切ります。

オリーブオイルと粗塩、乾燥パセリとパプリカパウダーをかけたら、できあがり。

辛いものが好きな方は、チリパウダーもプラスすると、よりおいしくなります。

グーラッシュ(ハンガリアンシチュー)

グーラッシュと呼ばれるハンガリアンシチューは、世界三大シチューの1つともいわれるもの。

赤パプリカやじゃがいも、トマト、タマネギ、ニンジン、牛肉などをカットして、ニンニクやパプリカパウダー、ローリエなどと一緒に煮込み、塩こしょうで味付け。

これだけの調理法なのに、味わい深いビーフシチューのような料理に仕上がってくれます。

スポンサーリンク


-ヘルス

Copyright© 女美健 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.