女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

太らない食べ方スローチューイングでダイエット!肝心なのはどう食べるか!

更新日:

kiss-562556__340

健康的に美しくダイエットするためには、食事を全く食べないというのはよくありません。

人の体は食べ物の栄養からできていますから、しっかり食べながら適度に体を動かすことが、上手なダイエットの秘訣なのです。

そこで重要になってくるのが、よく噛むということ。よく噛んでゆっくり食べることをスローチューイングといいます。

スローチューイングのメリットややり方、続けるポイントについて、紹介します。

スポンサーリンク

スローチューイングって?

スローチューイングは、よく噛んでゆっくり食べることを意味します。

食べるときにも、自然にエネルギーを消費する基礎代謝という機能が、人間にはあります。

食べ始めると、食べ物を分解するために消火器が活発に働くからです。

実は、早食いの人よりも、ゆっくり食べる人のほうが、基礎代謝が高いという研究結果があるといいます。

つまり、スローチューイングすることで、ダイエットがより効果的になるのです。

食べ物はよく噛んで食べるようにとよくいわれますが、ダイエットでよく噛むことにも確かな意義があったのですね。

スローチューイングのメリット

clock-650753__340

スローチューイングのメリットは、よく噛むことによって消化器が活発化すること。

よく噛んで食べれば、食べ物を消化しやすくもなります。

また、消化器が活発に働くことによって、エネルギーを代謝する率も上がってくるのがポイント。

よく咀嚼した噛み砕いた食べ物は、栄養成分が分解されやすく、しっかり吸収されやすくもなります。

ゆっくり食べることによって、満腹感を得られるのもメリットです。

脳の満腹中枢が満たされるのは、食べ始めて20分ほどしてから。

つまり、ゆっくり食べることによって満腹感が出てきて、食べ過ぎを防げることにもなるわけです。

スローチューイングのやり方

スローチューイングは、一口ごとに約30回噛むのが基本です。

20分以上かけて味わって食べることも、重要なポイント。

この2つのことが守られていれば、後は特に難しく考える必要はありません。

ただし、水分を多くとるのは、避けておいたほうがよいでしょう。

食事中に積極的に水分をとってしまうと、食べ物を水で流すようなことになってしまいます。

それが早食いの原因にもなりかねませんから、気を付けてください。

また、食べるときに片側の歯ばかりで噛んでいると、かみ合わせが悪くなってきます。

せっかく噛むことを意識しながら食事するのがスローチューイングなのですから、歯のかみ合わせにも注意しておくと、見た目が磨かれるはず。

バランスのよい歯の使い方をすることによって、早食いを防ぐ効果も出てきます。

何を食べるかも、スローチューイングに影響してきます。

食べやすい、柔らかいものばかり選んでいると、よく噛むのは難しいもの。

30回以上噛むことを意識して、歯ごたえのある食べ物をなるべく選ぶようにしましょう。

それには、スイーツなどのやわらかいものは避けておくのが無難です。

スポンサーリンク

ここがポイント!スローチューイングを続けるコツ

fresh-1284562__340

スローチューイングを続けるコツは、一口を大きく食べないようにすることなど。

ひと口を大きくしてしまうと、どうしても早く呑み込もうとして早食いになりがちです。

小さくちぎって食べるなどの習慣をつけると、スローチューイングも上手くいくようになります。

野菜を先に食べる、ベジタブルファーストも意識するとよいでしょう。

野菜を食べてから、お肉や魚などの歯ごたえのあるものをよく噛んで食べるうちに、満腹感が次第に出てきます。

そこで炭水化物を食べるようにすれば、途中でお腹いっぱいになり、食べられないようなことにもなりそうです。

食べ物を残すのはあまり感心できませんが、自分が食べられる量がわかってきたら、最初から減らすようにすればよいのです。

スポンサーリンク


-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.