女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ダイエット

運動も食事制限も不要!?痩せホルモンGLP-1ダイエットの方法!

更新日:

AdobeStock_105076863

ホルモンを出すだけで痩せられる、痩せホルモンが話題になっています。

睡眠中に最も多く分泌されるという成長ホルモンなどは代表例ですが、実は他にも何種類もの痩せホルモンがあるのです。

成長ホルモンは、骨や筋肉、皮膚などを成長させるホルモンですが、脂肪を燃焼しやすくする働きもあります。

GLP-1は、満腹中枢に作用して食べ過ぎを抑えてくれる痩せホルモンです。

胃に働きかけてゆっくりと腸に運んでくれるので、血糖値の上昇がゆるやかになります。

エストロゲンは女性ホルモンの一種で、女性らしい体を作ってくれるのに役立ちます。

更年期に入ると目立った減少があり、太りやすくなりますが、これもエストロゲンが痩せホルモンの一種である証しです。

レプチンも食欲を抑える効果を持つ痩せホルモンで、脳に作用して適量食べたと報告してくれます。

また、内蔵や筋肉に働きかけて、ためこんだエネルギーを使うようにすることにも役立ちます。

コルチゾールはストレスに関係するホルモンで、ストレスにあったときに筋肉をエネルギー変換して備えることができます。

スポンサーリンク

痩せホルモンGLP-1って?

最近特に注目されているGLP-1は、ダイエットホルモンの異名を持つホルモンです。

誰にでも分泌されているホルモンで、食事をすると分泌が始まります。

満腹中枢に作用し、食べ過ぎを抑えてくれるだけでなく、胃から腸へと食べ物をゆっくり運ばせるように働きかけることもできるのです。

これにより、腸に運ばれる食べ物が、少しずつになります。

すると糖の吸収が穏やかになるため、血糖値が急上昇しにくくなるのです。

分泌される量が人によって異なる痩せホルモンのため、工夫して適量出るようにしたいものですね。

痩せホルモンを睡眠で増やすダイエット方法

睡眠中には体の修復が行われていますが、その活動もホルモンの分泌が引き金になっているのです。

つまり、睡眠中にホルモンをしっかり分泌するようになると、無理なく痩せられるということです。

逆に、しっかり睡眠できていないと、ホルモンバランスが乱れて代謝にも悪影響が出てしまいます。

正しく眠るためには、いくつかのコツがあります。

まず、寝る前に食べないこと。

食べてから消化するまでには最低3時間はかかるため、寝る前に食べるとどうしても眠りが浅くなってしまいます。

寝ながらスマホをいじるのも、やめておきましょう。

交感神経が刺激されて寝つきが悪くなる上に、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌まで減ってしまいます。

睡眠中には、成長ホルモンの他に、コルチゾールやレプチンが分泌されるため、なるべく効率よく睡眠をとるようにして、痩せホルモンをどんどん出しましょう。

痩せホルモンを食事で増やすダイエット方法

痩せホルモンは、食事で増やすことも可能です。

まず、食事の仕方として、よく噛んでゆっくり食べることを心がけましょう。

さらに、積極的に食べたいものとして、GLP-1の分泌量増加を助けるEPAを多く含んだ青魚をおすすめします。

ほうれん草に含まれるチコライドも、食欲を抑制してくれる成分です。

大豆製品には、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに分子構造がよく似たイソフラボンが含まれています。

成人に1日約18gの摂取が推奨されている食物繊維も、GLP-1の分泌を促す成分です。

また、腸内環境を整えるために、乳酸菌も役立ちます。

食物繊維を1日に18g摂取するのは、かなり大変ですが、いろいろな食べ物を食べることによってこまめに食物繊維を摂取するといいですよ。

例えば、大豆やアボカド、とうもろこし、ごぼう、しめじ、アーモンドなどにも食物繊維は多く含まれています。

食べながら、寝ながら、ダイエットを成功させることができるなんて最高ですね。

スポンサーリンク


-ダイエット

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.