女美健

女性の美を応援するサイト。美容・ダイエット・健康に関する情報を更新します。

ライフスタイル

静電気防止ブレスの作り方は?おしゃれなおすすめ商品はこれ

更新日:

photo-1456304015996-498b18b7afdb

大気が乾燥しやすい秋冬になると、発生しやすい静電気。

バチバチッと衝撃が走ったり、髪や衣服がもつれたりくっついて離れなくなってしまったりして困りますよね。

そんなときに活躍してくれるグッズが、静電気防止ブレスです。

  スポンサーリンク

おしゃれに使おう静電気防止ブレス!バングルや革

静電気防止ブレスには、様々な素材やデザインが出ています。

とてもおしゃれな静電気防止ブレスが多く、いわなければ気付かれないことも多いでしょう。

例えば、バングルタイプや革でできた静電気防止ブレスもあります。

シリコン製などもあり、いずれも全く静電気防止ブレスとはわからない見た目。

素肌に触れさせる必要がありますから、袖に隠れてしまうことも多いでしょうが、ふとした瞬間に袖がめくれてブレスレットが見えたらオシャレな人だなと思われるかもしれません。

静電気防止ブレスを手作りしちゃおう!簡単な作り方

市販の静電気防止ブレスもオシャレでかなりそそられますが、実は静電気防止ブレスは手作りすることもできるのです。

手作りの場合、簡単なのは刺繍糸などを利用するミサンガのようなタイプ

制電糸を合わせて使うことで、あっという間に静電気防止ブレスへと変身してくれます。

お好みでチャームなどを付ければ、よりオシャレなブレスレットになりますよ。

用意するものは、刺繍糸などのブレス本体となる素材、制電糸、紐止め金具、カニカンあるいは輪カン、Cカンです。

制電糸は、大手の手芸用品店で探すと見つかることが多いようです。

もちろん、通販でも購入可能です。

刺繍糸と制電糸を組み合わせて編み込む流れは、ミサンガ作りと同様です。

制電糸が多いほうが、静電気を防止しやすいといわれています。

紐止めとカニカンなどは、市販のネックレスやブレスレットにも付いているものと同じ。

ボンドで留めるだけなので、簡単です。

 

静電気防止ブレス以外にもこんな静電気防止グッズがあった!

静電気防止ブレス以外にも、静電気防止グッズはいろいろ出ています。

例えば、キーホルダータイプの静電気防止グッズは、鍵を開けるときなど用に人気です。

静電気防止ブレスと人気を二分するほど注目されていて、文具メーカーのぺんてるなどからも出ています。

キーホルダータイプはデザインが豊富で、キャラクターのような形になっていたり、小型のライトが一緒に付いていたりすることもあります。

スニーカーなどでも静電気防止タイプが出ているので、興味がある方は試してみるとよいかもしれません。

おすすめの静電気防止グッズはこちら!

静電気除去機能付き枕

 

5万人以上のアレルギー症状を、改善してきた医師が生み出した枕です。

7つの静電気除電カプセルを挿入し、静電気をブロック!

枕にあるくぼみやカーブには、しっかり頭を支える仕組みに!

質の良い眠りを与えてくれます♪

colancolan

今、爆発的な人気を誇る静電気除去ブレスレットです。

静電気を誘導して空気中に放電する仕組みでできたこのブレスレット。

導電繊維を使用し、いつでもどこでもぱちぱち対策にお役立ちします!

マイナスイオンも大量放出!乾燥の季節にはもってこいですね!

ぺんてる ビー・ルミッシュ ペールトーン

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%81%ba%e3%82%93%e3%81%a6%e3%82%8b

ドアノブや車のボディなど、金属に触れる直前に、先端の導電ゴムを金属部分に数秒間タッチするだけです。

赤いマークが激しく点灯すれば除電完了です。

国産LEDライトを搭載で、小さなキーホールの場所もちゃんと視覚できます。

カーメイト レジテック ネコの手

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88

ネコの手で先に触ることで除電できます。

特殊導電素材レジテックによって静電気が人体より放電するときのショックをやわらげます。

吸収した静電気でオレンジのランプが発行し、除電の効果を目で見て確認することができます。

コランコラン

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%b3

肩こり・腰痛の原因の一つでもある体に貯まった静電気を除去する事が可能です。

ネックレスを構成するゴム部分に導電繊維を使っていてこの繊維が静電気を除去します。

静電気防止ブレスの効果は?

photo-1461532257246-777de18cd58b

静電気防止グッズでは、スプレーなどが昔からありましたが、ブレスレットをするだけで静電気を防げるのも便利そうです。

付けはずしが簡単で、スプレーのように吸い込んだら有害そうな心配もありません。

静電気防止ブレスの効果は、付け方によっても違ってくるようです。

ただし、効果は強力とまではいかない場合が多いようで、個人差もあるといいます。

直接肌に触れるように身に着けること、あまり安物を選ばないことなども効果の違いになってきます。

静電気防止ブレスはこんな仕組み

静電気防止ブレスは、電気を通しやすい有機導電性繊維や導電膜のコーティングを施すことで静電気を防ぐ仕組みになっています。

こうした素材が人の身体に触れると、体内に溜まっていた電気が外に向かって放たれるというわけです。

これはコロナ放電という仕組みで、誰でももともと備えています。

ではなぜ静電気が出てしまうのかといえば、人によっても蓄電量が異なり、電気を溜め込みやすい人と放電が上手くいっている人がいるため。

また、乾燥しやすい秋冬には、皮膚が電気を通しにくくなり、体内に電気が溜まってしまうためです。

夏場には静電気が起きにくいのは、汗をかいたり湿度が高いため。

つまり、秋冬でも、湿度を高くしたり、汗をかくように努力をしておけば、静電気が起きにくくすることができるわけです。

 
スポンサーリンク



-ライフスタイル

Copyright© 女美健 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.